ここから本文です

木質バイオマス発電の質問をした時に、あっと言う間に地球上の森林を刈り尽くすと...

noo********さん

2011/7/1422:46:16

木質バイオマス発電の質問をした時に、あっと言う間に地球上の森林を刈り尽くすとの回答がありましたが、

商用の林(数十年サイクル)ではなく、成長の早い種類の樹木を植えて、サイクルを早める事は出来ないのでしょうか?
もちろん、商用林の間伐材なども利用しますが。

仕事のない地方や、事情のある人たちの雇用対策など、色々とメリットがありそうなんですが。

閲覧数:
716
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yuu********さん

2011/7/1920:50:21

日本において、現在利用されているバイオマスエネルギーは、廃棄物の焼却によるエネルギーが主であり、製紙業等の過程で排出される黒液、チップ廃材、農林・畜産業の過程で排出される木くずやバガス(さとうきびの絞りかす)、家庭や事務所等から出るゴミ、廃食油等を燃焼させることによって得られる電力・熱を利用するものが多いとのことです。

ただし、バイオマス資源の相当量の確保が必要であり、設備そのものも小規模であり、スケールメリットが出にくく、経済生が悪いため、低コストで原料を収集、輸送、管理し、エネルギーを製造できるようになることが実用化に向けたカギとなっているようです。

東京電力の石炭火力発電所の一部では、木質バイオマス燃料を混焼により発電しています。

木くずなどを圧縮成型した木質バイオマス燃料を約3%の割合で石炭を混合し、燃料として使用しているようです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

his********さん

2011/7/1512:31:21

ご質問者様

今注目されているのは間伐材ですね。
これは森の中に捨てられているので、
うまく持ってこれるかどうかが問題です。

木質バイオマスをやれば林業の復活にもつながります。
雇用関連もこれで創出できます。


また、すべての木を使いきることなどナンセンスです。
あくまで林業から出た廃材を使うことが前提です。

次に木を植えながら発電というのもあります。
ちょっと現実的ではないのですが、
イギリスの発電所で計画があります。
英語では「ロウ」、日本語で言うと「ヤナギ」で、
非常に成長が早いそうです。
これを発電所周辺で伐採と植樹を繰り返すと言う方法です。

ユウカリの木も成長が早いようですね。

次にもみ殻・稲藁ですね。
タイでは既に数年稼働しています。
あそこは二期作で大量のもみ殻・稲藁が1年中出ます。

こんなところでしょうか、
ご参考になれば幸いです。

shi********さん

2011/7/1502:08:19

可能です。
日照時間の長い日本では有望です。
今までは、経済産業省が、あたらしいエネルギーの芽をつぶしてきましたが。
今後は、伸びる余地がでてくるでしょう。

tkj********さん

2011/7/1501:42:22

海外ではそういうことも実施されているところもあるようです。それ以前に、日本の全電力を全て一つの電源で賄わないといけないような発想が間違っていると思います。現在余っているバイオマスを効率的に収集して無理のないレベルで発電して電気の一部を賄うというのであれば可能性はあると思っています。他の発電もあるのだし、地球上の森林を刈りつくすまでやる必要はなくオーバーな否定論者のように思われます。

bel********さん

2011/7/1423:01:01

それは可能で、アメリカでは検討されています。

エネルギー作物と呼ばれています。日本では大規模な林業をするのには適していないので発電は難しいと思われます。

アメリカのカリフォルニアレッドツリーの森を見ると日本の杉の森林はスケールが小さいことがわかります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる