ここから本文です

損益計算書から見る経営戦略の相違

zmy********さん

2011/7/1719:49:51

損益計算書から見る経営戦略の相違

閲覧数:
210
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kaz********さん

2011/7/1808:13:52

よくあるのは

低価格志向か高級志向かではないでしょうか。

低価格志向であれば、売上総利益は低くなりますがその分販売管理費の削減をおこないます。
一方、高級志向では売上総利益は大きくなりますがその分ブランドイメージを引き上げるため
広告宣伝費を中心に販売管理費は大きくなります。

先の回答者のおっしゃるとおり
本来は貸借対照表や事業概況など有価証券報告書に記載されていることを全般的にみて
経営戦略は見るべきとは思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

t22********さん

2011/7/1803:08:38

収益とは、経済活動によって生産・販売した財貨、用役の価値であり、収益ははその価値に見合う資産を増加させるか、または負債を減少させる。資産の増加、負債の減少は、資本の増加をもたらした原因として、資本増加の内訳明細要因と規定される。これに対して費用は、収益を上げる為に犠牲となった財貨、用役の価値であり、この価値部分だけ資産を減少させるか、また負債を増加させる。すなはち、費用は、資本の減少をもたらした原因として資本減少の内訳明細要因と規定される。
このように一定期間中に生じた費用と収益の対応によって、資本の増減変化の大きさを計算する方法を損益法と言います。
収益―費用=純利益(マイナスは準損失)
これを、損益計算書等式と呼びます。つまり、損益計算書は、企業の経営成績表です。

「損益計算書から見る経営戦略の相違」は見られません。この損益計算書のデータを使い経営分析をして、経営診断が初めて出来るのです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる