ここから本文です

屈折率測定法に関するア~オの文章について正しいものを2つ選びなさい。

nag********さん

2011/7/2400:16:52

屈折率測定法に関するア~オの文章について正しいものを2つ選びなさい。

ア 屈折率は光の波長や温度に存在しない物質固有の値である
イ 屈折率は二つの媒質中を進む光の速度の比である
ウ 試料の絶対屈折率は、空気に対する試料の屈折率として求められる。
エ 屈折率は入射角によらず一定である
オ 光が屈折率の大きい媒質から小さい媒質に入るとき、入射角が臨界角より小さいとき界面で全反射を受ける。

よろしくお願いします。

閲覧数:
202
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ras********さん

2011/7/2416:43:19

イとエです。
ア:屈折率は波長や温度で変化します。
ウ:絶対屈折率は真空から試料の屈折率です。
オ:臨界角より大きくなると全反射します。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる