ここから本文です

小学校に貼ってある西暦表の一番左側に 「中国で紙を発明」 って書いてあります...

hay********さん

2011/7/2411:29:30

小学校に貼ってある西暦表の一番左側に
「中国で紙を発明」
って書いてありますが今となって考えたらその発明もエジプト文明やギリシャ文明のパクリじゃないかと思うんで すがどうでしょうか?

閲覧数:
127
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

usa********さん

2011/7/2412:05:48

エジプトで使われていたパピルスは厳密に言えば「紙」ではありません。
紙とは「木材などの植物から取り出した繊維状物質(パルプ)を水の中に分散させ、それを網や簀の上に均一な薄い層(シート状)を形成するように流出させ、からみ合わせて、さらに脱水したのちに、乾燥したもの」です
パピルスと呼ばれる植物の茎を縦横に並べて叩いて圧着させただけのパピルスは筆記用のシートではありますが「紙」とは呼べないのです。
ギリシャで使われていたのは羊皮紙で、こちらは紙ではなく動物の皮です。
またエジプトからパピルスも輸入されていたようです。

ただ、紀元前2世紀には紙もしくは紙の原型があったことが発掘調査で明らかになっていますので中国の蔡倫が西暦105年に紙を発明した」という定説が覆されています。
蔡倫は紙を筆記に適したものに改良した人物であると言えるでしょう。

ですので中国の発明であることは確かであり、エジプトやギリシャのパクリということはありません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gra********さん

2011/7/2412:06:47

中国で紙が発明された根拠は後漢書の記述で105年に蔡倫という人物が発明したという記述が根拠になっていますがこの説はとっくの昔に否定されていてそれよりも250年も前の紙がシルクロードの砂漠の遺跡から見つかっています。
場所が現在の中華人民共和国の領内なので未だに中国起源になってますが普通に考えればエジプトのパピルスなどと無関係とは考えづらいですしパピルスは古代エジプトの輸出品でかなり広い地域に普及していたと考えられるためそこから改良された可能性の方が高いです。

ina********さん

2011/7/2411:52:13

中国の古墳などから紀元前1世紀くらいの紙が出土しています。
一方で、中東に紙が伝わったのは9世紀、ヨーロッパでは13世紀と言われており、紙の発明が古代中国であることは間違いないようです。
2世紀初頭の祭倫という人物が紙の発明者として有名ですが、それ以前の紙が発掘されている事から祭倫は紙の改良者であると考えられています。
尚、古代エジプトのパピルス紙と中国紙とでは製法が全く違う為に別物と考えられています。
中国紙がエジプトに伝播するとたちまちパピルス紙を駆逐し、パピルス紙は生産されなくなったといいます。
現在みやげ物として売られているパピルス紙は現在人が土産用に製法を復刻したものです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる