ここから本文です

人間はなぜ動物の肉は食べてよくて人間の肉はダメなんですか? 目的がなく殺すの...

shi********さん

2011/7/2600:51:17

人間はなぜ動物の肉は食べてよくて人間の肉はダメなんですか?
目的がなく殺すのではないはずです。
必要最低限の食べ物を食べればいいのにわざわざ人間の肉を食べなくていい、という回答の場

合、肉や野菜も限られた物だけとなります。
でも人間はからだに害がなくおいしければ何でも食べます。
なぜ人間の肉を食べてはいけないんですか?
そういうと何故人を殺してはいけないのか、という事になりますが…。
もしかして食べる事自体はいいけど、食べるまでの殺す、という行為がダメなんでしょうか?

閲覧数:
7,709
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tta********さん

2011/7/2601:07:09

食べることの是非、のような、行為の倫理的な評価ではなく、種の保存の話です。

野生の動物も、同族間の食い合いは、種を危険にさらすため特別な状況下(食べないと種全体が滅亡しかねないなど)でしか行わないのが普通です。これは、生物の存在意義が「生命の継承」「種の存続」にあるからです。

一方、人間は「野生が壊れて」います。野生生物を捕獲して食べるだけでなく、他の生物を家畜化します。何より、「自分が食べる分を超えて」作ったり採ったりします。野生生物はそんなことはしません。他の生物のようなブレーキがかからないのですから、人間だけが「取り尽くして飢える」可能性をもつ、ということです。さらに、そこに「人間を殺して食べること」を適用するのならば、人間は「自分以外の全ての人間を採って食べる」=「滅亡する」可能性があります。そのため、同じ種に属する個体を食べてはいけない、というタブーが設けられたのです。

質問した人からのコメント

2011/7/26 01:19:25

感謝 すっごい納得です。
つい忘れてましたが人間にも野生本能というものがあるんですね。
所詮私も野生と人間を区切ってしまっているという事に気付きました。
ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

rxm********さん

編集あり2011/7/2601:19:09

人の肉を食べてよいとなると、いつ自分が食料にされるかわかりません。いつ殺されて肉にされてしまうかわかりません。

自分が殺されないよう、人の肉は食べてはいけないとした方が自分の安全になります。

あなたは、食肉用の家畜人間がいると思っていませんか。自分だけはたべられないと思い込んでいませんか。

いつ襲われるかとおびえての生活は耐えられません。戦場の真ん中に1人ほっぽり出された状態です。周りはすべて敵です。精神的に限界まで追い詰められます。

殺してから食べられるとは限りません。生きながら食べられのは痛い、ものすごい苦痛を味わいます。拷問の形で、片手、片足ずつナイフで切り裂かれ、生きたまま食べられていくのです。

生きたまま火あぶりにもされます。そんな殺され方に我慢できますか。苦痛だけ与えられて、なかなか死ねないのですから、本当の地獄を味わうことになります。

sk8********さん

2011/7/2601:00:43

地球上で人間が1番強いとおもってしまっているからです。
人間は法律を作って人間の思い通りにした結果です。
法律がなければ動物を殺しても生かしても自由ですが
人間には情というものがありますもんね。
私が思うに法律があるから
人間は殺してはいけない。

rai********さん

2011/7/2601:00:19

人間の肉ってそこまで美味しくないらしいです

どうせ食べるなら美味しい肉の方がいいでしょう

キャベツは食べるけど雑草は食べない というのと同じような事です

それに一番は人を殺すのがいけない行為だらかです

でも吹雪吹き荒れる雪山で遭難した人たちが食料がないから仕方なく仲間の肉を食べたとか

cap********さん

2011/7/2600:52:42

人肉を人間が食べちゃうと『人間を食べた』ということでショック死してしまう恐れがあるからです

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる