ここから本文です

違約金について。 購入しようと思っていた土地があり、今度の土曜日に契約する...

kur********さん

2011/7/2716:05:13

違約金について。

購入しようと思っていた土地があり、今度の土曜日に契約する予定でした。その時に手付け金も払うつもりでした。

しかし、諸事情によりキャンセルしようと思い、住宅メーカーさんに伝えたところ、違約金が発生するので、払う予定だった手付け金全額、違約金として、しはらはなければならないと言われました。

契約していないのに、手付け金は支払わなければならないのでしょうか。

閲覧数:
648
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bla********さん

編集あり2011/7/2720:45:55

今回の話は、質問者さんが建築条件付の土地を買おうとしていたことを前提とします。
この話は、二段階に別れています。

まず、第一段階として、相手の「売りましょう」に対して、あなたが「買い(たいと思い)ます」(またはその逆)という意思表示をしたのなら、民法上、売買契約というのは諾成契約なので、原則として、「申込」「承諾」という意思表示の合致によって、有効に成立しています。
あなたは”今度の土曜日に契約する予定でした。その時に手付け金も払うつもりでした。”ということですから、その意思を既に相手方に明示して伝えていたのだと思います。

また、契約書の作成は、契約の成立とは関係がありません。
ですから、「とりあえず口頭で買いたいと言っただけであり、契約書に判を押していないから、まだ契約は成立していない」、という主張はダメ、ということです。
ただトラブルを防止するために(時間的には少しあとになって)契約書を作成することがほとんどである、というだけの話です。

次に第二段階として、手付解除の話になります。
こちらについては、民法に照らせば、住宅メーカーが頓珍漢なことを言っている部分はあります。
まず、手付は3種類(証約・解約・違約)あります。
今回の場合は、契約書に手付金の性格を明記しているわけではないので(そもそも今回は質問者さんはまだ契約書も見ていない)、”違約金が発生する”ということを相手側は主張することは出来ませんし、違約手付として”払う予定だった手付け金全額、違約金として、しはらはなければならない”ということも出来ません。

一方で、今回はたまたま時間的な流れで、あなたがまだ手付金を提供していなかっただけの話であり、不動産の売買契約において手付を提供するのは通常の行為です。
仮に今日が日曜日だとすれば、あなたは既に支払っていたことになります。

結論としては、民法に則れば、契約は成立しているが、手付金は「解約手付」と推定(民法557条)され、あなたは手付金を放棄することにより、契約を解除することが出来る、ということになります。
以上が、杓子定規の法律論です。

それはそれとして、一度、逆の立場になって考えてみて下さい。
あなたはその不動産を非常に気に入っていて、買う気満々で意思表示は既に終えていたのに、相手側が一方的に「やっぱり”諸事情により”あなたに売るのはやめました。まだ契約書も作ってないことですし、この話はすべて忘れて下さい。もっと条件のいい他の人に売りますので。」と言われたらどうでしょう。
何事もなかったかのように、忘れて終われますか?
やはり、(今回の相手方と同様に)、例えば、(手付をまだ払っていなくとも、支払う予定だった)手付の倍額を提供してくれなど、何らかの主張はしたくなるのではないでしょうか?

売買契約と言うのは、「飲み会しよう。」「やっぱりやめた。」というような、簡単に放棄できる約束とはわけが違います。
意思表示をしたら、お互いに法律に基づく権利義務が発生し、拘束力があるのです。
また、”諸事情によりキャンセルしようと思い”と、あなたの都合で「契約解除」という法律行為をしようとしているのです。
あなたが”キャンセルしよう”としているということは、その前提として、契約が存在していることを、あなた自身が認めていることになるでしょう。
ですので、あなたの”契約していないのに”は大きな認識違いであり、相手方(住宅メーカー?)が一概に悪徳業者と決めつけることも出来ません。

他の回答者さんが、やや感情的な意見となっている感がありましたので、今一度、冷静にあなたの行った「法律行為」を振り返ってもらおうと思い、あえて回答しました。
あなたが実際に手付金を支払うかどうかは別として、売買契約当事者としてお互いに誠実な行動が望まれます。
ちなみに、あなたの”諸事情”というのが、住宅ローン審査に落ちてしまったから、というのでしたら、こういう場合は「解除条件付契約」としていることが多いので、手付を放棄することなく自動的に契約がなかったことになるでしょう。(但し、不成立により無条件で契約解除になるかどうかも、契約書で定められる話ですので、今回は関係ないでしょう。)
私見ですが、参考になれば幸いです。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tis********さん

2011/7/2723:28:28

black_jack_fudou さんの言う通りです。

hi0********さん

2011/7/2716:35:56

支払う必要なしです。

契約もしてないのに、違約金なんか発生する訳ないです。

そんな悪徳業者は懲らしめるためにも、
やっつけてやってください。

方法は先の方が書かれている通りでよろしいかと。

mmk********さん

2011/7/2716:28:14

契約していませんので払う必要はありません。

同じ理由から違約でも何でもありませんよ。

「契約していませんので払いません!」
と伝えればいいと思います。

契約に向けて(書類作りや何やら)動いていた
でしょうから気持ちはわかりますが・・・

あまりしつこいようでしたら、宅建協会や
消費生活センター、弁護士などへの相談を
おすすめします

dam********さん

2011/7/2716:26:32

支払う必要ありません。
その住宅メーカーとは土地の売主か仲介業者なのでしょうか。
いずれにしても、不動産業者でもあると思いますので、まずは、所属団体に
電話で、契約前にキャンセル申し入れたら・・・と言って、それが不当な
請求であることを確認しましょう。
そして、言った言わないで言い逃れできないように、納得できれば支払うようなことを
言って、請求書(証拠)を要求しましょう。
それをもって、監督官庁に訴えましょう。営業停止処分にしてもらいましょう。
単に支払いたくないだけであれば、支払いません。訴えて下さいといえば諦めます。
しかし、悪徳業者なのです。他の被害者を出さないためにも、罰を受けさせるべきです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる