ここから本文です

ウッドデッキの補修について

rin********さん

2011/7/2900:22:22

ウッドデッキの補修について

新築4カ月で、亀裂の入ったウッドデッキについて再度、質問します。
画像を添付しました。
約、1センチほど、段差が、あちこちにできています。
工務店は、カンナで削ると言っています。
木は生きているので、こうなると言います。
子供が段差でケガをしたら大変だと言ったら
子供はウッドデッキに出さないようにと言われました。
私としては、カンナで削って強度に問題がないか大変心配です。
削っても、また段差ができるようにも思います。
すべてにおいていい加減な工務店で、対応に苦慮しています。
アドバイスをお願いします。

ウッドデッキ,工務店,かんな,段差,根太,床板,kwmrhdys

閲覧数:
6,326
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gor********さん

2011/8/319:01:53

表面的には床板のワレと段差の問題ですが…
これは難しいですね。
根本的に解決しようとするとウッドデッキを作りなおす必要がありそうです。

1、木材を削る事
4cmの床板を、3cmの厚みにカンナで仕上げ直せるのなら
ウッドデッキ用の木材として利用するのはまったく問題はなく、
かえって綺麗に仕上がります。

しかし、問題は床板を支えている材である根太の間隔です。
床板の厚みを薄くしたのなら、通常は根太をより多く入れて
根太どうしの間隔を狭くします。
元々、根太を多めに入れて余裕があるウッドデッキなら
1cm程度削ってもまったく問題ありません。
しかし、必要となるギリギリの根太しか入れてないウッドデッキであれば
1cm削るのは問題でしょう。ウッドデッキの上に人が乗るとタワム可能性があります。
そして、残念ながらウッドデッキは組み上げてしまっているので、
ウッドデッキらしい見た目を維持したままで、
根太の間隔を狭くするのは、ほぼ不可能です。

後からプラ束や根太を追加して床下の補強をする方法もありますが、
束と根太、そして根太同士を固定するジョイント材だらけになって
異様なウッドデッキになります。


2、釘の位置
皆様が言われる通りで釘を打った位置が端に寄り過ぎています。
普通はもっと内側に釘を打ちます。
ここまで木口側となるとわざと割れさせているようなものです。

釘は、床板と根太を固定せる為に打ち込みますが・・・
写真を見る限り釘は床板から外れているように見えます。

この状態でカンナで削ってしまうと、よりベコベコになります。
また、恐らく他の場所でも釘はどんどん外れてゆきます。
最後には床板が外れてしまう可能性があり危険です。

また材料の交換も難しいです。
床板は釘を使って、根太に固定させます。
新しい床板を持ってきても、根太の位置がが同じなら
釘を打つ位置も同じになってしまいます。
よって、新しい床板も端にビスを打ち付ける事となり
ワレが発生しやすくなります。

新しい床下構造を追加したとしても…
床下の構造によってはビスの位置が内側に寄り過ぎる可能性があります。
そうなると、床板がばたつく可能性がでてきます。

結局、ビスの位置を内側するには床板構造をやり直す必要があります。
床下構造をやり直すということは、ウッドデッキ全ての作り直しです。



工務店に対してどこまで強く訴えかける事が出来るかが分からないので判断が難しいのですが…
可能であれば現在のウッドデッキは撤去し、ウッドデッキ専門の業者へ依頼するか、
ご自身で作りなおす方法が良いです。
工務店が補修で対応するというのであれば、
出来上がったものを見て納得できるなら良いとするしか無いかと思います。
ただ、私は交渉や法律を加味した上での判断が苦手なので、
この部分については詳しい方がアドバイスをして頂けたらと思います。
(とりあえずの工事をする事で対策をしたから後は知らないという可能性を恐れています)
それにしても、木材がもったいないし、こんな使い方されるの木材が可哀想です。

よくある事なのですが、工務店は屋根の下にある木材の加工などは慣れてるから
屋外の木材も同じ要領で簡単に扱う部分があります。
ところがどっこい、木材にとっては屋外は非常に過酷な環境で
屋内での仕様と同じようにすると様々な問題が発生します。

皮肉なことに・・・中途半端に木材の扱いになれた工務店より、
素人の方がDIYの本を読みながら1つ1つポイントを抑えて
試行錯誤しながら作るウッドデッキの方が良い仕上がりなります。

もちろん、ウッドデッキ専門の業者さんに頼めばより良いものとなるでしょう。

あと塗料ですが、ニスやペンキなどは使用しない方が良いです。
後でボロボロと剥がれてきます。
kwmrhdysさんが言われているオイルステイン系の塗料(キシラデコール)などが良いです。

「本当のウッドデッキは何回も濡らす、乾かすを繰り返し、強度を強くします。」
ある程度の癖が出た後で製材すれば、反りの少ない材とはなりますが、
それはウッドデッキ用の木材の話しでは無いです。
仮にそのような材を使用しても雨ざらしの過酷な環境では多少反ります。
少なくともウッドデッキなど屋外での木造施設を作る際は、
反りがでることも考慮した上で作るべきです。
また雨も降る前提で作り、いかに水ぎれが良いようにするか工夫します。
施工された工務店の方には、そのような面が無かったのではないかと思われます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kwm********さん

2011/7/2917:48:23

材質は・・・ハードウッドじゃないですね。すぐに駄目になることを覚悟されて、材料を選択されましたか?

他の方がいわれるパイン材なら あっという間に駄目になります。
無垢材を使うなら ウリン イペなどの ハードウッドにすべきで
予算がないなら プラスチックや木屑を樹脂で固めたような代替品を
選択すべきです。

強度的には 電気カンナで削っても問題ありません。
また 反って来る可能性は もちろんあります。
おそらく まだ反って来ると思います。
亀裂部は エポキシパテなどを充填しておけば良いです。

・・・が 本当にパインなら 幾ら補修しても 追いつかないほど
あちこち ガタが出てくると思いますから
まず材質について 確認されておくことをお勧めします。

亀裂の多くなってきていますから、補修した後に防腐塗料を
もう一度 塗ったほうがよいですね。

塗られるのはキシラデコールでよいのですが
キシラデコールより安くて効果的な塗料というのも販売されていますので
ネットで探してみてください。

mon********さん

2011/7/2901:59:46

本当のウッドデッキは何回も濡らす、乾かすを繰り返し、強度を強くします。
反ってくるのは、濡れたこともない板を使用してるからです。
なので反りから釘、又はビスの部分から割れていきます。
ニスなどを塗って防水してるとは思いますが、大体工務店が作るウッドデッキは「見える所だけ」です。
なので裏面は素のままなので、雨が浸透してるものだと。
「木は生きてる」ですか・・・
その工務店の人の脳みそは寝てますね(笑)

jyu********さん

2011/7/2901:00:52

デッキ材、パイン(松)ですね。
材は松で良いのですが、釘が、際に打ちすぎです。
そりゃー割れます。割れるから、浮きます。根太は(床板の下地材の事)、多分45角だと思いますが、
板厚に比例して、ダブルにするか、もうすこし30ミリ手前位から斜めに打つかしないと、(画像で見ると多分15~18ミリですよね)割れます。
実際、板が浮いてる訳ですから、表面を削っても、裏面は浮いたままです。
踏めば、カタカタ音がするのは明白です。ビスで締めこみましょう。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる