ここから本文です

建物防水工事について質問します。

tom********さん

2011/7/2913:56:49

建物防水工事について質問します。

①無機防水と ウレタン防水の違い

②双方の耐用年数と単価

以上2点、 簡単に教えて下さい。

閲覧数:
3,898
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

saw********さん

2011/7/2915:05:15

①-1無機質の防水で一般的には『浸透性塗布防水』等が挙げられますが基本的には防水被膜を形成する防水層と呼べる商品は殆ど御座いません。
無機系の用途はコンクリートの表面から防水材を浸透させてコンクリートの水密性を高める働きを主とします。
故に対応年数も下地に依存する為、表示は御座いません、価格帯は2000~4000円/㎡

①-2また一部無機系とよばれる『ポリマーセメント系塗膜防水』に関しては材料保証という事で10年の保証は発行されますが工事の保証は一般的に10年を出すケースは少ないかもしれません。
防水性能も他の防水種と比較しても低く、単に施工業者が扱いやすいという理由で選定される事も少なくありません。

対応年数は5~15年、価格帯は3000~6000円/㎡程度だと思います。

②ウレタン塗膜防水に関しては防水樹脂として①の商品群よりも優秀だと言えます、ただし防水被膜の厚みに性能が比例する為に最低でも2mm以上なければ防水と呼べる代物では御座いません。
伸びに優れ美観も十分な防水材なので施工技術が伴えば十分な性能を発揮しますが水が常に溜まる風呂やプール等ついては使用する事は基本的に出来ません。
また①についても同様ですが防水仕様(グレード)が様々に分かれている為に対応年数や施工単価にバラつきが生じます。

対応年数は5~30年 価格帯は3000~10000円/㎡程度です。

参考になれば幸いです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる