ここから本文です

国語の、単文、重文、複文の区別について教えてください。 次の各文は、重文で...

sug********さん

2011/7/3010:26:20

国語の、単文、重文、複文の区別について教えてください。

次の各文は、重文でしょうかそれとも複文でしょうか?

要は、二つの主語-述語関係が、並立か否かだと思うのですが、如何でしょうか?

①猪木はカレーを食べたが、力道山はステーキを食べた。
②家族は鰯を食べたが、父だけが鯛を食べた。
③僕は声をかけたが、彼女は振り向かなかった。
④彼女は、僕が謝ったが刑事告訴した。
⑤彼は、お金がなかったがBMWを買った。

教えていただければ幸いです。

補足有り難うございます。
①の例文に関してです。当時、猪木は力道山の弟子でした。
力道山が食べる物の格の違いを見せつけることで、
師弟関係を強調すると共に、
「お前もこの様になれ」と示唆したという場面です。
フィクションからの引用なので、真実かどうかは不明です。

閲覧数:
4,042
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tak********さん

編集あり2011/7/3021:33:01

①猪木はカレーを食べたが、力道山はステーキを食べた。【重文】
②家族は鰯を食べたが、父だけが鯛を食べた。【複文】
③僕は声をかけたが、彼女は振り向かなかった。【複文】
④彼女は、僕が謝ったが刑事告訴した。【複文】
⑤彼は、お金がなかったがBMWを買った。【複文】

重文・複文の区別は、おっしゃるとおり「並立か否か」だと思います

①~⑤については全て、接続助詞「が」がカギだと考えます
「が」について「単純な接続」と「逆接」とで区別をしました。

③~⑤は明確に「逆接」なので
それを含む部分は「接続部」として考え、並立はしない、よって【複文】と考えました

①は「猪木」と「力道山」が何を食べるかは、それぞれ無関係な事柄なので
「単純接続」による並立、よって【重文】としました

②は①同様に無関係な「単純接続」の可能性もあり、迷いましたが
「家族」と「父」という「本来的には同じものを食べるであろう関係」における
「が」ということで「逆接」を結論としました

≪補足後≫

補足、拝見いたしました
文脈的に、そのようなものを見るならば
②と同様の考え方になると思います
「逆接接続」による接続部をもつ【複文】と考えます

質問した人からのコメント

2011/8/6 02:18:44

>aurinkokunta101さん
>三上章という人
「象は鼻が長い」の方ですね。
>takafromnorthislandさん
丁寧に有り難うございました。形だけから区別する訳でないことがわかり
面白かったです。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

aur********さん

編集あり2011/7/3015:14:46

日本語では単文、複文、重文の区別は無理です。
英文法の用語を日本語文法に適用しようとしてもうまくいきません。


三上章という人が、日本語独自の文の分類を考えています。
アン式とかタン式とか。調べてみてね。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる