不動産競売物件の用語

不動産競売物件の用語 裁判所が告示している不動産競売物件の用語について教えてくださ ①売却基準価額とはなんですか? ②買受可能価額とはなんですか? ③買受申出保証額 とはなんですか? そして・・・ 入札参加するにはどのような準備と資格があるのでしょうか 宜しくお願いいたします

役所、手続き293閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

裁判所の競売でしたらBITは見られてますよね? そちらに用語についても説明されてます。 用語集と言う所を見られたらわかると思います。 入札するにあたっての手続きなども詳しく書いてありますので、 そちらをご自分で見られてから、なおかつわからないことを質問された方がいいと思います。 基本的なことがわかっていなければ、質問に対しての答えも分かり難いかもしれません。 BIT ↓ http://bit.sikkou.jp/

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様回答いただきまして、ありがとうございました 素人が手をだすものでもなければもう少し勉強しなければならない品物だったのですね ありがとうございました

お礼日時:2011/7/30 23:52

その他の回答(2件)

0

素人が競売物件に手を出すのには相当のリスクがあるのに。 この程度の用語を「デタラメ無責任サイト」で質問するなんてあり得ないことですよ。 痛い目に遭うのはあなた自身ですよ。

0

①裁判所の要請に基づいて、不動産鑑定士が評価をした物件の価格 (競売という、特殊事情が考慮され、市場価格より低めに評価されてます。) 入札の際の目安にしてください。というものです。 ②売却基準価格を参考に、この金額以上であれば有効な入札金額として認めます。というもの。(通常、売却基準価格の80%程度となっています。) ③入札を行うための保証金です。(通常、売却基準価格の20%程度となっています。)保証金を納めないと、入札しても無効となります。 また、落札して残りの代金納付を行わない場合、保証金は裁判所に没収されます。安易な入札を行わせないための保証金です。 入札準備は、しっかりした物件調査と資金調達、入札書等の取得等。 入札資格は、個人なら住民票が必要になります。成人で住所が特定できる。ということぐらいでしょうか。