ここから本文です

前期末において、向こう五年後の火災保険料(一年分が¥30,000)を繰延資産し、前払...

mar********さん

2011/8/1022:25:12

前期末において、向こう五年後の火災保険料(一年分が¥30,000)を繰延資産し、前払保険料勘定に¥30,000、長期前払保険料勘定に¥120,000を計上していた。
当期の決算に当たり、適性な費用の期間

帰属のための処理を行う。
なお、当期首において再振替仕訳は行っていない。

全く理解できません。

再振替仕訳ってなんですか?
前期末?
向こう? 教えて下さい。

仕訳は…。解答によると。

支払保険料30,000/前払保料30,000
前払保険料30,000/長期前払保険料30,000

です。

全然理解できません。
こんなに難しい難問初めてです。

日商簿記二級より。

補足三級はもっているのですが、なにから計算したらいいのかコツがわかりません。

閲覧数:
1,175
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

ban********さん

2011/8/1109:27:51

まずは支払時に

借)前払保険料 30,000 貸)現金預金 150,000
借)長期前払保険料 120,000

という処理がされていることを読み取ってください。

それで当期の期首に行うべき再振替仕訳が未処理なので

借)保険料 30,000 貸)前払保険料 30,000

さらに1年基準の適用により長期前払保険料勘定の残高120,000のうち30,000は決算日の翌日から1年以内の期間に対するものなので

借)前払保険料 30,000 貸)長期前払保険料 30,000

という処理が必要になります。

ちなみに再振替仕訳とは期末に行う収益・費用の繰り延べ・見越しの仕訳の逆仕訳だと考えてください。目的は収益費用に適正な期間対応関係をもたせることにあります。

質問した人からのコメント

2011/8/11 10:27:08

成功 ありがとうございます‼
理解できました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

jan********さん

編集あり2011/8/1023:07:56

う~~ん。
ぜんぜん理解できないってことは3級からやったほうがいいと思うよ。
2級は3級を理解してないとキツイから。

再振替仕訳は3級でやったはずだよ。
前期末に今期分含めて5年分の保険料を払ったわけだ。
今期一年分を前払い、それ以降4年分を長期前払い勘定してる。
通常であれば、今期首に今期分の保険料を前払いから支払い勘定へ
長期から来期分の前払い勘定への再振替する。
それをやってないから今期末に振替するって事だよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる