ここから本文です

縄文時代の人は、竪穴住居作るのに何人で何日くらいかりましたか。

lak********さん

2011/8/1210:56:11

縄文時代の人は、竪穴住居作るのに何人で何日くらいかりましたか。

補足住居の大きさは2mは例外的と思います。風倒木痕への住居作成は、木や根の撤去、床面構築など問題も生じます。道具は打製石斧です。それに数軒がまとまって作られることを考えると極めて確率は低いと思います。上屋構造の作成も人数が必要な気がします。主柱を建てること、その上に梁を作りカヤを採取して取り付ける、炉や棚の作成なもどもかなり大変と思います。最後に家をつくる呪術的意味合いもあるでしょう。

閲覧数:
708
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

boa********さん

2011/8/1319:04:10

オカルト爺さん適当すぎる。

総合学習で竪穴住居の復元に取り組んだ小中学校が実践しているので、記録を見てみるといいです。

十日町市の小学校が6年生20~30人総掛かりで、整地込みで2日間かかって4m級を復元しています。
竪穴住居の住環境を実際に住んで調べた韮崎市の中学生は、自宅の庭に2m級を家族総掛かりで休日ごとに建築を進めて半年かかって完成させています。
とある子供会の実践では、屋根を葺く茅の調達にてこずって2月半かかっていますが、骨組みなら1月で完了しています。

いずれも授業の合間や休日のみの作業であり、素人の子供の作業ではありますから、玄人の連続作業ではないのですが、数日ではとうてい終わらない作業であることは予想がつくのではないでしょうか。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

oni********さん

編集あり2011/8/1222:45:25

1人なら3日、2人なら2日くらいと思います。
例えば数百年育った木が何らかの理由で倒れた場合は、

其のあとに半径2メートル程度のくぼみができます。
其れを利用した場合は屋根を支える根太だけを集めれば良い訳ですから

まる1日でも完成可能です。
屋根葺きの稲藁とか草は周りに幾らでも有った場合ですが・・・

★補足について------
貴方は家を建てた事が全くない人ですね?

始めてなら一生かけて建てれば良かろう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる