ここから本文です

サボテンの聖王丸です。 根元あたりと刺座のあたりが、黄土色(?)のような色に...

you********さん

2011/8/1311:55:40

サボテンの聖王丸です。
根元あたりと刺座のあたりが、黄土色(?)のような色になっています。
どうしてですか?
黄土色の部分は固いです。

補足他の質問では、日焼けという回答だったのですが
日焼けと老化現象、どちらに近いのでしょうか・・・

もしかすると、日焼けによる老化現象だったりしますか?

お願いします!

黄土色,聖王丸,サボテン,根元あたり,刺座,日焼け,成長点

閲覧数:
438
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ana********さん

編集あり2011/8/1618:56:10

表皮の老化現象だと言われています。

何が原因で起きるのかはわかりませんが、出来やすい品種と出来にくい品種があるようです。

補足

日焼けの可能性も無くはないのだが、日焼けだと成長点に近いところで起きるはずです。

日焼けを起こす可能性の無い場所で栽培していても起きますし、古い部分から広がる場合もあり、日焼けの可能性は薄いと思います。

質問した人からのコメント

2011/8/17 18:56:46

降参 ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

qko********さん

2011/8/1712:48:02

どっちかというと老化っぽいですね。
下部の地際の方は明らかに老化ですけど。
聖王丸は水を好む種類なのでもう少し水やりを増やした方がよいと思います。
聖王丸はうちにもありますが年中屋外で今は毎朝水やりしてます。
関西住みです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる