ここから本文です

投資信託や、株のリスクはどういうものがありますか? 例えば500万投資したら...

happyjuju1717さん

2005/11/2622:46:25

投資信託や、株のリスクはどういうものがありますか?
例えば500万投資したら、最悪0になるのですか?マイナスはないですよね?
株や投資イコール儲かる、とうイメージがあるのですが、損されてる方もいますよね?
主人が最近興味をもちだして、でも経済に詳しいとは思えないので少し不安です。もちろん、貯金すべてつぎ込むわけではないのですが、心配しすぎでしょうか?

閲覧数:
128,382
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

namaqoさん

2005/11/2623:24:08

株と投資信託は似て非なるものなのでいっしょくたには答えれませんので。

株はおっしゃるように、500万が最悪0になる可能性を秘めています。逆に1000万になる可能性も秘めています。
投資信託は、500万がせいぜい増えても550位だと思ってください。稀に600くらいになるかもしれませんが、倍にはなりません。
反対に減っても400万、悪くても0円にはなりません。

初めてやるなら人気の高い、投信残高の多い投信が無難でしょう。

予断ですが、株をやってる方で、通算で儲けが出ているというのは、売買経験者の10%程度だという統計を最近新聞で見ました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tribute_2x2さん

2005/11/2709:37:23

まず投資は、儲かる確率(金額)と損する確率(金額)は半々だと思ってください。

50万円儲かる金融商品は、同じ確率で50万円損する可能性があります。

基本的に、利益を得た人の儲け分は、損をした人々から来ているのが理由です。

さて、金融商品の中で、株や投資信託に限ると、現物の株や投資信託なら、マイナスになることはありません。0になるのも、株の発行会社が倒産したときくらいです。

注意が必要なのは、売り買いの差金だけで決済する信用取引や証拠金取引です。これは現物取引(自分が株を持つ)とは違い、他人から株などを借りて売り買いし、転売での損益だけを受け渡しします。

そのため、貸借の利子(日歩)や資金に比べて非常に大量の株を運用して、一気に差金が元金全額に達して取引停止、元金は完全消滅というリスクがあります。

agiandreamさん

2005/11/2701:54:22

株はアラカルト料理(単品物)、投資信託はセット料理、商品によっては和洋中なんでも混ざっている。

だからリスク(まずい)は単品物で100%で、セット料理はある一品がまずければ別な料理に手を出せばいい。こうなると投資信託でも全品食えずに満足できないが、かろうじて食えるものはかすかにある。

でも、その店(投資信託のファンドマネージャー)が料理下手なら全品がまずい危険もある。店によっては3割の品ぐらいしかどうにか食えず、不満たらたらで店を後にすることもある。

最後に、素人は株にしろ投資信託にしろ今投資すべきではない。理由はピークアウトに接近している可能性が大きい。要するに高掴みになるってこと。

id1234xyzさん

編集あり2005/11/2623:44:27

株も投資信託もにたようなものです。

0円になることもあるし、大きく増えることもあります。(投資信託は一般に上ぶれが少ない一方で、種類によっては、下には思いっきりブレます)

ただ、たとえば、株でも現物(持っている現金分のみの購入)なら0円になることはまずありえません。最近は上場廃止(倒産等)でもマネーゲームになっているので、もし会社が突然倒産しても、発表で即売れば、数割程度はもどってきます。

株はよくわからないうちは、絶対に現物のみで信用取引(手持ちの現金より多くの株を売買できる)はしないことです。最悪マイナスになります。

投資信託は、一見簡単そうにみえますが、玉石混同で素人はやめた方が安全です。投資信託の中には詐欺同然の素人からだましとるのが目的では?と思えるような複雑な金融商品もすくなくありません

もし投資信託をするなら、内容が簡単なものにしてください。特に管理手数料や解約手数料に注意してください

2005/11/2623:28:00

現物株なら最悪はゼロです。
信用取引と呼ばれる方法は、マイナスになる可能性もあります。
投資信託はもゼロになる可能性がなくはありませんが、文字通りのゼロになることは稀です。

基本的に、5%増える可能性のあるところには、5%減る可能性が裏側にあります。

投資信託では運用手数料を余計に支払うので、その分の損が上乗せされます。
運用手数料が1%なら、上の例は、4%増える可能性と6%減る可能性が両面になります。
ただし、投資信託は動きがやや緩やかなので、大損する可能性は株の自己取引よりやや低めです。
相対的問題ですが。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。