ここから本文です

持分法適用関連会社とはどういったものでしょうか?子供でもわかるぐらい簡単に教...

yu0********さん

2011/8/1611:52:53

持分法適用関連会社とはどういったものでしょうか?子供でもわかるぐらい簡単に教えて下さい。
また、これに当てはめるとみずほコーポレート銀行とオリコは完全子会社ではないのでしょうか?

閲覧数:
6,082
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pot********さん

2011/8/1620:12:57

持分法適用会社と持分会社は違います。

持分法適用会社はいわゆる部分連結をしている会社です。

普通の連結は総額連結ですが、持分法適用会社は部分連結です。

と書いてもわかりませんね。

例えば、A社がB社の発行済株式総数のうち、20%超を保有すると、B社はA社の持分法適用会社となります。

すると、A社は完全にはB社を支配できないながらも、20%分の影響力を及ぼすことができます。

その20%の影響力をA社の財務諸表上に表すということが持分法です。

すいません。中々説明が難しいです。他の人の回答を待ってもらったほうがいいかと思います。


どうやら、みずほコーポレート銀行の持分法適用会社がオリコであるようです。
完全個会社は親会社が子会社の株を100%保有している状態ですので、完全子会社ではないようです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

t22********さん

2011/8/1614:28:28

持分会社とは、合資会社、合名会社、合同会社の総称。2006年の会社法の施行に伴い、合資会社、合名会社、合同会社を持分会社と総称し、共通に適用すべき規定(社員は、他の社員全員の承諾が無ければその持分を譲渡できない等)を定めている。ここで云う社員とは、普通の会社の一般従業員とは違います。 みずほコーポレート銀行とオリコは完全子会社かどうか、直接確認してください。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる