ここから本文です

相続権についてお尋ねします

sha********さん

2011/8/1704:28:36

相続権についてお尋ねします

とある家庭の人たちが借地に家を残し全員なくなられました。
この場合、従兄弟などの親類が貸主に対し相続権を主張
するのは法に照らしあわせ、如何なものなのでしょうか。

通常その土地をさら地にして貸主に返す義務を負うと思うのですが、
如何せん。このご時世のせいなのか貸主にお金を要求してきます。

如何対処したらよいのでしょうか。

補足ちょっと話複雑になりますが、土地の貸主本人も死亡。そして借主もすでに死亡して、今回お亡くなりになったのは借主の子(配偶者なし)です。相続権を主張する親族は口約束があったと主張しますが、そんなことがまかり通るようなら、ホント、「渡る世間は鬼ばかり」じゃぁ~ありませんか!どうかしてるぜ!

閲覧数:
198
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yos********さん

編集あり2011/8/1803:12:59

①家屋の名義人の親や兄弟に相続権が発生する場合があります。

民法では、配偶者や子供が全員死亡した場合等に、建物名義人の親や兄弟への相続を認めていますので、誰が建物の相続人になるかを待たれるべきです。

②新しい相続人との間で、「借地権契約」は存続します。

借地に建物が残っている限り、「借地権契約」も新しい相続人との間で継続する事になります。決して、新しい相続人が土地を更地にして貸主に返す義務を負うものではありません。

(補足します)口約束は書面化されていなければ無効となる可能性が高いです。現存する「借地権契約」をもとに裁判所の決定に従うべきです。早めに弁護士さんに相談されると良いでしょう。

質問した人からのコメント

2011/8/18 20:29:53

「あ~めんどくさそー!」いままでその親戚、従兄弟等の権利があるなんて知らなかった・・・。余談ですがその親戚、従兄弟等は朝鮮族の末裔で、なんかプチ日本政府を観ているような気分です。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kaw********さん

2011/8/1708:36:49

建物を買い取ってもらいましょう。

もらえるものはもらう。

金額が高いなら、弁護士委任。

tri********さん

2011/8/1708:13:33

相続人は
被相続人の財産に属していた
一切の権利義務を受け継ぎます。
(民法896条本文 参照)

そうすると
被相続人が有していた借地権は
被相続人の財産に属していた権利(債権)ですから
これも相続の対象となります。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる