ここから本文です

今回、先祖代々の位牌を作ることになりました。

k_su_2006yhさん

2011/8/2216:03:20

今回、先祖代々の位牌を作ることになりました。

お店で聞けば表書きは「○○家先祖代々之霊」で良いとのことですが、最後の「霊」のあとに「位」を付けないで良いのですかと尋ねたところ、「位」は所謂「くらい」ではなく「位牌」をあらわしており、白木の仮位牌などには必要ですが本位牌には特に必要なしといわれましたが本当でしょうか?
なお、宗派は禅宗(臨済宗)です。
よろしくお願いします

閲覧数:
999
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

muko_02さん

2011/8/2217:45:48

関係者各位と言う場合は位は敬称です。複数に対して付ける時の敬称です。
霊位という場合の位も同様、敬称として付けているはずです。
上位の存在として敬う意味で付けるので、個人の位牌には付けませんが先祖代々の位牌にはやはり霊位と付けて敬意を表すべきが本当です。
位牌の意味だとするなら不要どころか付けてはいけないことになりますが、駄目だということは言われていないようですね。
付けたほうが良いと思ったら迷わず付けるべきものです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。