ここから本文です

血管はなぜ皮膚の上から青く見えるのか? 静脈の血液は酸素が二酸化炭素に変わ...

sug********さん

2011/8/2600:17:21

血管はなぜ皮膚の上から青く見えるのか?

静脈の血液は酸素が二酸化炭素に変わったから青く見えるという答えはダメ

ならば動脈の流れている血管が静脈と同じ位置や深さにあれば、同じように青くは見えないのか?

動脈は皮膚を通して見える深さにあるものはないのか?私たちが皮膚の下に青く見える血管はすべて静脈なのか?

もし動脈と静脈が同じ深さに並んでいれば、皮膚の上から、色は違って見えるのか?

酸素と二酸化炭素の違いだけで説明できるとは思えない

だって指切ったり、カサブタはがして出てくる血は赤い、真っ赤だ、それを黒っぽいという人もいるだろうが、血管の青とは違う、黒っぽくても、赤だ
蚊をつぶしても赤い血が見える

まだ、皮膚を通すと光の赤い成分が吸収されて青い光の成分だけが見えるから青いという説明のほうが正しいと思える

ならばもし動脈の血管でも青く見えるのではないか?血が黒っぽいから(黒っぽくても赤だが)青く見えるという説明は嘘ではないか?動脈の本当に赤い血でも同じ見え方するのではないか?

そもそも、動脈の赤い血は、みたことない?いつも見る血はすべて静脈の血?
傷やちょっとした出血などは。

動脈の赤い血と静脈の黒っぽい赤い血を、見比べた人はいるか?どこかに写真でいいから掲載されてれば教えてください。
酸素の血液と二酸化炭素の血液、皮膚を通さずに見て違いはわかる?
見てみたい。

閲覧数:
989
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yam********さん

2011/8/2600:33:44

動脈血と静脈血は、採血すれば色の違いは分かります。
ただ、一口で言えば、静脈が青く見えるのは光の乱反射によるものです。
動脈は皮膚の深部にあるため見えないだけです。
この質問については、検索でもすぐ出てきますので、色々と調べてみてください。
*画像を貼り付けたかったので一度取り消しました、、、。赤黒いのが静脈血、鮮紅が動脈血です。

動脈血と静脈血は、採血すれば色の違いは分かります。...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる