ここから本文です

昔日本に滞在していたアメリカ兵に「ギブミーチョコレート」と言っていたのは本当...

dai********さん

2011/8/2705:43:58

昔日本に滞在していたアメリカ兵に「ギブミーチョコレート」と言っていたのは本当ですか?

回答よろしくお願いします!

補足終戦後という回答について少し疑問があります
当時米国が日本に原爆落として人を殺しまくったのに、どうして子供達は普通に米兵にチョコを要求できたんでしょうか?
普通ビビりませんか?
あと親や祖父母は何も言わなかったんでしょうか?

つーか当時の米兵ってチョコレートやチューインガム持ち歩いて生活してたんですか?

何か疑問が湧いてきたので分かるやつだけでも回答いただきたいです

閲覧数:
20,550
回答数:
10

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

y_a********さん

編集あり2011/8/2707:40:58

補足へ
そりゃ敗戦直後は怖かったようです。殺しあいをしてた相手国の人間ですからね。敗戦が決まった時は皆殺しにされると思った人も多かったはずです。
でも実際のアメリカ兵は一般市民に優しく接したので慣れていったのですよ。

もちろん中にはアメリカ兵から食べ物もらうなと言った親もいたでしょう。でもお腹の空いた無邪気な子供達は純粋にお菓子が欲しかっただけなのです。
初めはたまたま持っていたチョコレートなどをあげたようですが、わざわざ子供達に配る為に持ち歩いたり、大量に車から配ったりしたようです。


本当の事です。
終戦後、当時の子供達がアメリカ兵にチョコレートやチューインガムをねだっていたのは事実ですよ。

質問した人からのコメント

2011/9/2 12:13:13

成功 すごいなぁ
何だか深い歴史を学んだ気がします
俺も学校でアメリカの先生にギブミーお菓子ってふざけて言ったらトゥイッツラーズ(?)みたいなゴムっぽいお菓子を貰えました
美味しくなかったです(笑)

皆さん沢山の回答ありがとうございました☆ミ

「ギブミーチョコレート 戦後」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2011/8/2721:16:41

ポイントはほとんど、ほかの方が書かれていますので、ほかの方が書かれなかったことを1つ。

当時、日本人のほとんどは、アメリカが原爆を落としたなんて、知りませんでした。
報道されませんから。
東京大空襲でさえ、「被害軽微」、「敵機撃墜」程度の報道だったのです。

当時、栃木に在住していた私の母から聞いた話だと、「特殊爆弾が落とされた」という報道はあったそうですが、その正体や、被害規模などは全く知らされなかったそうです(もっとも、「原爆」と聞いても、何の事やら分からなかったでしょうけれども)。
「白い服を着た人が助かった」
という話があったそうです。
放射線や熱線は、黒い色の方が吸収しますので、それが誇張されて伝わったのでしょう。
しかし、それまでは「華美な服は不謹慎。白い服は敵機から目立つ」と指導されてきていたので、それを聞いて「白い服を着ていて助かるならば、大した爆弾じゃないんだ」と噂しあっていたそうです。

国民に大事な情報を何一つ伝えない政府、そんな状態で10年もの間国民を戦争に駆り立てて来た軍部、授業を放擲して強制的な軍事教練を強いてきた日本の軍人、本音を言わない親たち、学校の先生たち。そんな大人たちに、子供らが遠慮などするものですか!!

asa********さん

2011/8/2716:02:46

私はもらえませんでした

友人がもらったチョコレートを少しずつ舐めるのを
(もったいないから噛ない)

見ていた記憶があります。
彼も、生まれて初めてのチョコレートだったのです。

どこの国でも、兵士と子供はそんな関係でしょうね?

nea********さん

2011/8/2709:54:51

日本では物乞いはいやしい行為だけど、貧しき者へ施しをする……キリスト教社会では常識。
で、子供は信条や矜持よりもっとストレート。腹が減っていれば知ったことじゃない。
でもこれをやっていたのは主に戦災孤児たち。
ふつうの子はあまりやらなかった。

>普通ビビりませんか?

戦時中は確かに「鬼畜米英」と吹き込まれたけれど。進駐してきた米兵はけっこう人懐っこく子供たちと接していましたよ。
私の通う小学校のそばにあった橋を、米軍の重車両を通せるように補強工事に来ていた米兵は、よく学校へのぞきにきていて、言葉は通じないけれど、仲良しになってました。
さすが、学校でチョコレート配りはしませんでしたが。

そのころのエピソードを一つ。
農作業をするじいさまを、ジープを止めてながめていた米兵。
親交を温めるつもりか、タバコをじいさまに勧めた。
じいさま「飲まねー」と答えると、今度はドル札をだした。
「飲まねー」が「ノー・マネー」に聞こえたらしい。

ゆりあ☆さん

2011/8/2709:30:45

ほんとバカな話ですよね。原爆落として大虐殺した鬼畜の国にチョコをくれとは。レジスタンスに決起する方が普通の姿でしょう。戦時中の日本人は大いに尊敬しますが、戦後豹変しこのような愚かな民衆になってしまったのは悲しい歴史ですね。

2011/8/2709:04:14

補足へ:
子供達特有の順応性の高さからでしょうね。。。
みんな貧しかったし。。。

親たちは何も「言えない」でしょ。貧しくて子供達にチョコ以上に美味しいもの買い与えられない。なにより、戦争に負けたのだから米兵のやることは黙認でしょうね。

持ち歩く奴は、大量に持ち歩いていた。
それは、JAPのクソ餓鬼達へ投げつける為。とか、敗戦国の貧しい子供へせめて菓子を配るとか理由は様々。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる