ここから本文です

特許 新しい料理や新しい食材は特許を取得することは可能ですか?たとえば世の...

mvs********さん

2011/9/717:14:30

特許

新しい料理や新しい食材は特許を取得することは可能ですか?たとえば世の中にトンカツ(料理)やフォアグラ(食材)が存在しなかったとしてある人がそれを開発した場合、特許を取得することは可能ですか?

閲覧数:
295
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kin********さん

2011/9/721:05:53

その昔、特許には明文として食品を除外する規定が存在した時代がありました。

他にも、色々あったのですが、月日を経て、今は公序良俗に反するなど抽象的な除外規定は存在するものの、食べ物が駄目とか、核を弄ると駄目とか具体的な除外規定は無くなりました。しかしながら、理屈の上では制限が無くなったとは言え、料理に発明としての要件を満たすことは現実問題として不可能と断言できる程の無理があります。結果的に発明の実施例が料理である特許は実際にも登録されていますが、それにより、その料理を作ることが独占できる形では存在していません。料理方法を方法の発明にするのは、もっと無理でしょう。

その昔、イカシュウマイ事件というのがありました。その事件は、オリジナルの作者から、料理方法を習った者が転職先で、それを披露したら高く評価されて、オリジナルが特許を持っているのを知らないで、その会社で商品化して販売したところ大々的にヒットして、パクリのくせに独占を企てて商標登録したのですが、それを根拠に排除しようとしたオリジナルの特許権者と技術提携して商品化している類似商品の販売者と争って、結局は商標も特許も無効になりました。

料理は、仮に登録できても自己満足の域を出ず、高い特許料を国庫に寄付するだけで何の効果も期待できません。その上、料理に特許料を転嫁した価格設定をすると商品として成立しなくなる可能性すらあります。

食材で画期的なものは、幾らでも特許登録されていますし、これからも出てくるでしょう。代表的な事例では、アスパルテーム という人工甘味料が巨大利益を生み出しています。ヨーロッパなどの肥満に悩む国民の多い国では爆発的なヒットですから、リアル発明の利益で言えば、青色LED以上の発明とも言えます。

現在のフォアグラは強制給餌で作られていますが、例えば、鳥の身体の何処かのツボへ針を一本うつだけで、通常の飼育方法で、レバーがフォアグラになる等の方法を開発すれば、方法の特許になるかも知れません。しかし、もし本当にその様な方法を発見したならば、特許にするよりも徹底的に秘密にした方が賢明だと考えますが、理屈の上では有り得ます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mur********さん

2011/9/812:11:20

食品についても、技術的な特徴を主張できるような新しい工夫がなされたものは、特許の対象になります。カツ料理についても、従来はただの素揚げしか知られておらず、卵で包むことで肉汁を閉じ込め且つパン粉でさらに覆うことで揚げる際の油の跳ね上げを防止しつつサクサクな食感が得られるという技術的特徴が主張できますから、従来存在しなければ特許を取得できる可能性は高いです。
フォアグラ自体は自然界に存在するもの自体ですから特許はとれませんが、その加工法などについては特許が取得できる場合もあるでしょう。

今話題になっている切り餅の特許は、切り餅の外周に所定の切り込みを入れたというものです。

ex_********さん

2011/9/717:26:46

こんにちわー

今ある食材の組み合わせで、新しく作った料理は、特許対象にはならないでしょう。

例)秘伝のタレ

素材を、人工的に作り出した場合、例えば化学的合成の場合、特許対象になると思います。

新しい薬の開発と同じです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる