ここから本文です

格安航空券の安値料金の理由と欠点。

pok********さん

2011/9/1109:34:34

格安航空券の安値料金の理由と欠点。

例えば11月20日 札幌⇔ホノルル、JAL。
ゲートウエイというディスカウントチケット販売では65000円、JALウエブでは75000円、どうしてこのような差が出るのでしょうか。
またディスカウントチケットの欠点(出発時間が決まっているとか、マイルがたまらないとか、席が選べないとか、他)は。

閲覧数:
731
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chi********さん

2011/9/1110:10:17

Eチケット使用だと送料や手数料省くので5000円はセーブできるそうです。小さなエージェントなら
倒産して支払った金が戻らない事があるでしょう。
席が選べなくなったりあるし数時間早めに空港にいって手続きするように私達はしていますよ。でも正規で予約したものとセーブしたチケット。結局は同じフライトに乗っていますから、不安にならないほうがいいでしょう。私の会社の知り合いが自分でエージャント立ち上げてやっていたので実態をしっているからあまり安くても心配はしてないですね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

rtj********さん

2011/9/1114:35:11

格安航空券の安値料金の理由。

① 詳しくはその販売会社に聞けば解るでしょう。
② 私の推測ですが搭乗率によって及び旅行会社が団体等のまとめ買いで募集定員に達せず航空券のバラ売り処理。

ディスカウントチケットの欠点(出発時間が決まっているとか、マイルがたまらないとか、席が選べないとか、他。

① 格安航空券の種類によってまちまち。
② 航空会社未定または決まっている、マイル付与・未付与及び付与されても少ない、じ前に席予約できる・出来ないあります。
③ キャンセル料金高い、搭乗確定便が変更できない。

【私の今月韓国行き格安航空券の場合】
1の① 航空券¥12000諸税等¥11670、手数料¥3150、支払総額¥26820はH○○で購入。
(成田~仁川往復、変更不可、デルタ航空、電話予約限定でした)
1の② 今見てみました、H○○でデルタ。正規割引航空券表示あり¥35000、同左表示なし航空券¥49500。
(細部中身見てないのでその他条件等は解りません)

【他の方回答されてますが】
① 使うバカに使わないバカ!! よ~く自分の希望と各社売り出し料金と航空会社料金を比較せねばなりません。
(総支払額一概にウェブ航空会社から購入が安価ではないので)
② 比較した結果、総支払額約2~3千円程度ウェブ航空会社の航空券が高くても便選択可・マイレージ、事前席予約可等の利便性で私、それを選択しています。時として、ウェブ航空会社から購入は正規航空券ですから無料ランクアップ席可能も経験しました。

最後に、なぜ格安航空券が安値料金売り出しているのか「詳しく細部は知りません」

tok********さん

2011/9/1112:27:56

同じチケットなら、直接JALで買ったほうが安いのは分かるけど、それは正規割引運賃の話し。

いわゆる格安航空券はやはり、旅行会社の方が安い。

日本国外ではJAL便などをJALで買うより代理店で買ったほうが安い。
それはキャンペーンを打ってるから、、、

以下、私の知っている直近での例です。

① HISシンガポールで購入
シンガポール発東京経由アメリカ行き(ホノルル・ロス・サンフラン・シカゴ・ニューヨーク)3ヶ月FIX羽田乗継同料金変更不可
航空券280シンガポールドル+税金等1000シンガポールドル(約8万円)

7月13日まで出発のチケットでしたが、東京からやっとこさチャイナエアで14万で来た友人より安く、しかもJALで行けました。。

② HISソウルで購入
ソウル発東京経由ホノルル行き1年FIXストップオーバー可復路変更可羽田乗継同料金
航空券80万ウォン+税金等60万ウォン(約11万円)

夏休み中のJALホノルル線を6月30日に買いました。。。

と言うように、格安航空券と言うかどうかは別として、代理店のキャンペーン料金は確実に航空会社で直接買うより安いです。

eig********さん

編集あり2011/9/1110:41:24

この路線に格安航空券って存在しません
正規割引運賃になります。
65000円はJALダイナミックセイバーの安い料金を掲載しているだけで実際取れませんよね
JALウエブでは75000円は予約可能な料金です。
65000円では予約不可能です。
もともと55000円ですが
札幌⇔ホノルルは10000円UPなので
つまりPEX料金プラス旅行会社、サイトで買えば発券手数料がプラスされます。
高い会社だと5250円も定価より高く買うことになります。
質問者様は騙されやすいタイプなのでご注意下さい。
必ずJALのWEBサイトで買って下さい。
一番安いです。
日本人の70%がこのように定価以上で航空券を買っています。
HISで買うより安いって事ですが安いと思いこんで定価以上で買うおバカさんが多数いるのが現状です。
世間知らず大国ニッポン!の典型です。真似しないで下さい。

旅行代理店の方が安い航空券って全体の20%も無いです。
安いと思いこんで頼む方が多数います。
良くある表示ですが
①JALWEBサイト50000円
②H○○のサイト48000円
③ネット専門の会社47000円
皆さん
③が安いと買います。
おバカさん達です。
①JALWEBサイト50000円手数料0円
②H○○のサイト48000円手数料3150円
③ネット専門の会社47000円手数料5250円
総額だと①が安くなります。

表示価格でしか比べない方がほとんどなので安いと思いこんで
旅行に行きます。
知恵袋でもトラベルペコちゃんとかスカイゲート、HISを勧める方がいますが
世間知らずの典型の日本人です。

さらにその様な会社でPEX買えばキャンセル時は
航空会社のキャンセル代と旅行会社のキャンセル料が2重で発生する場合が有ります。

2か月切った予約でJALWEBサイトだと取り置き可能ですがHISだと取り置きでも入金、キャンセル対象です。

航空券を買う時は必ず航空会社のWEBサイト
手数料無料の
JTB
http://www.tornos.jp/
エクスぺディア
http://www.expedia.co.jp/
の3か所だけ比較して下さい。

mt_********さん

2011/9/1110:08:56

理由は、航空券の種類(供給ルート)の違いによる、値段設定の差によります。

代理店で買った激安航空券は、購入後すぐに発券しなければならない場合が多く、発券後の変更は不可能、というものがほとんどです。
航空会社のウエブサイトで買った場合は、たとえば「ダイナミックセーバー○○日」という割引商品なら、その○日、という期限ぎりぎりまで変更やキャンセルが可能です。
また、席の種類によっては席数が少ないので、安い方はすぐに満席になってしまう場合も多い物です。

また、航空会社によっては、代理店の激安商品は、マイルが加算されないものがあります(特に提携航空会社のマイルに加算しようとした場合)。

以上の不便さが、値段の差に表れていると考えて良いでしょう。
上記の問題をクリアできる人は、代理店で激安航空券を買った方がはるかに安く旅行ができますね(私はいつもそうです)。

ちなみに、行き先や時期によっては、ゲートウエイよりもずっと安い代理店がありますので、いろいろ探してみると良いでしょう。
http://abroad.air.travel.yahoo.co.jp/bin/aair_search?ap=SPK&al=&pmi...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる