ここから本文です

シフトダウン時(エンブレ使用時)のアクセル空ぶかしについて

作者さん

2011/9/1402:13:45

シフトダウン時(エンブレ使用時)のアクセル空ぶかしについて

http://mtnomura.web.infoseek.co.jp/mtad.html

手順 4速-2速と落とすとき

1:クラッチを踏み込む
2:シフトレバーを2速へ
3:アクセルをあおり、空ぶかしをする

この手順3。

エンジンブレーキをかけたいときの話です。
要は減速したいのです。

減速する手順の途中でアクセル空ぶかしをする必要性について疑問を持っています。
・確かに決まったときは快感である。
・しかし、失敗したときは逆に加速しかねない。

数人から、この手順を教えてもらい、さもそれが正解であるかのごとく説明されてます。
失敗したら減速したいときに加速してしまう。
この手順は本当に正しいのでしょうか?

閲覧数:
864
回答数:
14

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sab********さん

2011/9/1408:57:25

急激な回転差が生じると車の挙動が乱れるので、そうならないようにするためのテクニックですね。
また、ミッションを壊さないようにするためでもあります。
スポーツ走行では、これにフットブレーキも併用するヒールアンドトゥが必須テクニックになったりします。
アクセルを空ぶかしするときに、よほど回転が高いときにつながない限り加速しないですよ。
加速したように感じても、そのあとアクセルを踏み続けていないんだから、やっぱり減速します。


んで、4速→2速なんてことしませんよ。
4速→3速→2速とシフトダウンします。
それと、2と3の手順が逆です。
正確には、
2:シフトレバーを2速へ入れる手前の重くなるところで待機
3:アクセルあおる
4:回転が合うと2速へストンと入る。
という感じです。
実際はこのあとクラッチをつなぐ時間があるので、車種によってはちょっとだけ回転を高めにしたりします。
そのへんは人それぞれですね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/13件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

one********さん

2011/9/1512:59:42

車オタクじゃないのに無理にやる必要はない。
やりたい人だけがやればよいのだ。

toy********さん

2011/9/1422:58:32

確かに、吹かしすぎたときは加速しますよ。当たり前ですね。
しかし、このような操作をするときはブレーキを踏んでいますので失敗したとしてもそこまで加速しません。
ブレーキが勝ちます。

ですから、ヒール&トーがうまくできない人はやるべきではありません。
クラッチを犠牲にして、半クラッチを使ったほうがエンブレは強くかかります。

レースなどではあえて回転数合わせを行わず、半クラッチでショックを吸収する人もいます。

本当に減速したいときなんてヒール&トーは使いません。
もちろん回転数合わせも。
ブレーキのみで減速します。

たまにヒール&トーでギヤが入りやすくなるっていう人がいます。
しかし、ギヤの入りやすさはダブルクラッチを使わなければ変わりません。

理想的にはWクラッチ+ヒール&トーですね。

失敗したときでもブレーキがしっかりしていれば加速しませんので何の問題もないですよ。
よって、質問の手順は正解です。

tai********さん

2011/9/1412:36:53

乗りなれてないクルマ、つまり新車を買った直後はありますね。
回転を上げすぎて、クラッチつないだら加速してしまった。。。。
タコメータみてきっちりあわせてください。

ycq********さん

2011/9/1411:08:59

基本が判ってないね
4速から2速だから
エンジン回転差が大きい
ただエンジン回転あげても
ギアやクラッチの衝撃は大きい
一旦
ニュートラルでクラッチ繋いで
メインシャフトを回すことが肝要
俗にWクラッチと言うことを理解する必要がある

lau********さん

2011/9/1409:48:17

基本的には半クラッチで回転差を合わせてエンジンブレーキを掛けると教習所では教わると思いますが、エンジンブレーキを強力にかけたいときや、ブレーキと同時操作などで車速が急に落ちる場合、また例にあるように1速飛ばしてダウンシフトをする際は、チェンジ前のギアでの回転数とチェンジ後の回転数におおきな差ができます。
それだと後輪に大きなエンジンブレーキ力が働いてタイヤがロックする可能性があるので、クラッチを踏んでいる間に回転数を上げてチェンジ後のギアの回転数まで空ぶかしすることで、ロックせずスムーズなチェンジができます。
この場合、目標回転数に対して空ぶかしが多すぎても少なすぎても、クラッチをどかんとつないだら衝撃がきます。ご心配されているのは空ぶかしが多すぎた場合に加速してしまうのではないかとのことですが、確かに一瞬蹴飛ばされたように前に出ますが、車の走行抵抗のほうがはるかに大きいのですぐ減速します。

クラッチをどかんとつながずに、半クラッチでうまくごまかすといいですよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる