ここから本文です

太陽はなぜ、夕方になると赤く見えるのですか?

act********さん

2011/9/1607:35:36

太陽はなぜ、夕方になると赤く見えるのですか?

閲覧数:
95
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fre********さん

2011/9/1607:54:27

日中と夕日では角度の問題もあって
夕方の方が太陽からの距離が遠くなります。
これは体感温度からもわかりますよね?

赤というのは一番遠くからでも目に付く色なのです。
赤信号も同様の理由で赤になっているのです。
虹は七色ということは誰でも知っています。
赤・橙・黄・緑・青・藍・紫の順に見えるのはよく見える色の順番なんです。

さらに青系の光は障害物の影響を受けやすく
赤系の光は障害物の影響を受けにくいのです。
夕方は大気中の塵が多い時間帯です
その影響もあって赤がよく見えることになります。
朝焼けが青っぽく見えるのは朝は大気中の塵や水蒸気が少ないことが理由なのです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

chi********さん

2011/9/1911:40:04

“”太陽はなぜ、夕方になると赤く見えるのですか? “” → → →

夕日で、(朝日も)太陽が地平線近くにある場合は、大気層の中を数千km以上とかの長い距離通り抜けて入ってきます。大気(窒素、酸素)には光の散乱作用というのがあって、短め波長(青、紫等)を特に散乱させる働きがあります。夕方とかは青系の光が散乱をされて弱まり赤系の光が強調されるものです。そういうのが雲とか水蒸気へ反射して空が赤く見えるものです。それが夕焼けなのです。

mik********さん

2011/9/1623:39:03

簡単に言うと、日が沈む時は太陽との距離が離れて、橙色の光が一番遠くまで届くかと。
ゆえにトンネル内の照明なども橙色になっているかと思います。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる