江戸時代の生理用品はなにを使ってたのでしょう?まじめな質問です。

江戸時代の生理用品はなにを使ってたのでしょう?まじめな質問です。 江戸時代の生理用品はなにを使ってたのでしょう?まじめな質問です。

歴史23,810閲覧

ベストアンサー

13

さらし木綿の“お馬”と呼ばれるふんどし状の月経帯が使われ始め、女性たちはこのお馬を一つ作り、そこに浅草紙という和紙を当てていたそうです。 和紙は吸湿性に優れているので、イメージとしては「固いトイレットペーパー」に近いかもしれません。 実際、浅草紙は集められた屑紙をすき返した最下級の粗悪な再生紙で、主にトイレットペーパーとして使われていたそうです。 他にも、江戸時代には、使い古したボロ布や綿もあてものやタンポンとして利用していたということです http://www.908.st/mt/citron/archives/cat_179.html http://homepage2.nifty.com/RYOKO/gekkei%20minnpaku.htm

13人がナイス!しています

その他の回答(3件)

1

江戸時代の川柳に「女房が越中をすると事が欠け」と言うのがあります 「越中」とは越中褌の事で「事」とは性行為を指します、男の越中より幅は細かったとか 日本では大正時代の終わりごろにベルト式の製品が売り出されるまでその方式だったのでしょう、昭和20年代でも田舎ではそうでした

1人がナイス!しています