ここから本文です

クーリングオフについて。

mit********さん

2011/10/213:35:55

クーリングオフについて。

こんにちは。
クーリングオフについて質問です。
ついさきほど、高齢の祖父が朝日新聞の押し売りにひっかかってしまいました。
ビールの箱を無理やり渡され、奨学生の息子が配達員だから助けると思ってとってくれ、などといいながら料金や期間もろくろく知らされないまま契約させられてしまったようで、かなり乱暴な押し売りでした。(私は未成年でして、そんな経験がなかったのでどうすればいいかわからずこわかったのもあって隠れて聞いていました)
確か中学生の時訪問販売はクーリングオフできるとかなんとか習った気がして調べてみたのですが、その後契約書の後ろにクーリングオフの仕方が書いてある事に気が付きました。
それが以下なのですが、ネットで調べたクーリングオフの仕方とは違い自分の電話番号を書かなければいけないし、契約者名の後の印鑑もありません。必要もないのに電話番号を書いて、後からなんでクーリングオフをしたのかなどと電話がかかってきたら怖いですし、印鑑がないから無効だと言われるのではないかと心配です。本当にこの内容で大丈夫か教えてください。


ASA○○行き
自分の住所
契約者名
電話番号


申し込み年月日
販売所名
販売所住所
電話番号
朝日新聞の購読
右記日付の申し込みは撤回し、または契約は解除します。

以上です。
よろしくお願いします。

閲覧数:
1,005
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

sta********さん

2011/10/214:55:26

参考にして下さい。
クーリング・オフって何・・・http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_volunteer/mj-chishiki24.html

手続は↓を参考に。
はじめてのクーリングオフ・・・http://www7.plala.or.jp/daikou/cooling-off/houhou.htm
はじめての内容証明・・・http://www7.plala.or.jp/daikou/naiyou/
参考までに
書留でハガキを送った場合、郵便物を送った記録は残るものの、ハガキの裏表のコピーには日付の消印や証明文は入らないため、文書内容の証明力が完全とは言えません。

相手が良心的な業者の場合は、ハガキでクーリングオフしても問題ありません。しかし、ハガキでは証拠力が完全ではありませんので、確実にクーリングオフして心理的な不安を取り除くためにも内容証明郵便で行った方が良いでしょう。特に、相手が悪徳業者の場合や契約金額が高額な場合は、内容証明郵便で確実にやるのが良いでしょう。

今回は、「新聞店」なので「ハガキ」でも大丈夫と思われます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sho********さん

2011/10/214:41:30

先の方の通りで、良いと言えば良いですが…


「販売店によっては、
「聞いてないから、クーリングオフは無効」と、言い出す恐れある。
内容証明でも良いが、費用(送り先1ヶ所で、送るのが1枚だけなら、控え入れて3枚必要で、送料込みで1500円前後)掛かる弱味ある。

郵便ハガキ(官製ハガキ)の裏面を、クーリングオフ通知書として書いてから、宛名面(表面)をコピーした上で、必要箇所に印鑑押したのを、簡易書留(付けたい通常郵便の料金プラス300円)扱いも、法的にはクーリングオフ成立するので、簡易書留扱いで発送した方が良い」です。

(配達する日本郵便の支店側の配達員が、配達時に販売店で留守番の従業員に、配達証へ印鑑押して貰う為…

「トラブルになれば、誰が受け取ったかは、日本郵便の支店に照会すれば、スグに調べて貰うのは可能と言う、強味有り」です。)



但し、宛名面は住所は別にして…

「ASA○○所長様(例)と、した方が良い」です。
(所長さんの名前分かれば、書いた方が良いです。)



裏面(クーリングオフ通知書)は…

「平成23年10月1日午後2時頃、氏名不詳の従業員の勧誘による、新聞の定期購読契約を本日付を持って、解除する旨を通知します。(例)」を…


「通知文の前側には、「ASA○○所長様」を、通知文の後側には通知人として、
「契約した人つまり、おじいちゃんの名前と自宅の住所」、それぞれを書いた方が良い(通知人としての、おじいちゃんの名前と住所は通知文の最後に書いて、控え取ってから名前の後に、印鑑押した方が良い」です。

cre********さん

2011/10/214:02:13

新聞販売店に勤めています。

電話番号は書かなくても大丈夫ですよ。
できるならば内容証明で送るのが一番ですが、新聞販売店も電話でクーリングオフを受けたりするところもあります。
電話で受けた場合は必ず、「解約処理をした」という証明を残すようにしましょう。

当店の場合、「本当にこれでクーリングオフできているの?」と不安になっているお客様がいた場合は「●月●日締結した購読契約の解約申請を●月●日受理しました」と一筆書いて、販売店の判子と所長印を押してお客様に渡します。
全部の店がやってくれるかはわかりませんが、大抵の店はお願いしたらやってくれると思いますよ。

なぜ解約をしたのかってのはクーリングオフ期間中の解約であれば答える必要はありません。

あと、未成年者の法律行為は法律で守られている部分もありますが、解約行為は法律行為にあたるのかどうかというのは正確に答える事はできませんが、できることならば、契約を交わしたお爺様に、もしくはご両親に相談してから行った方がいいでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる