ここから本文です

お酒を飲むと顔が赤くなり心臓もドキドキなります。 それが嫌なので普段はほ...

fra********さん

2011/10/408:10:42

お酒を飲むと顔が赤くなり心臓もドキドキなります。

それが嫌なので普段はほとんど飲酒しません。

でも年に数回はカクテルや梅酒など(ビールや焼酎は×)を飲みます。

この際は途中お水で休憩を入れたり、ゆっくり時間をかけると特に問題なく数杯は大丈夫です。


過去に調子に乗ってしまい4杯くらいで冷や汗が出たりトイレから動けなくなった事がありました。

それ以降は自分で様子を見つつなので失敗はありません。

この場合もアルコールは弱いですか?全く飲めない方もいるそうなので‥

そこまで酷くはないのでしょうか?宜しくお願い致します。

閲覧数:
15,173
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

den********さん

2011/10/408:26:00

お酒を飲んだ直後に顔が赤らんだり心臓がドキドキするのとアルコールに対して強い弱いのとは直接かかわりはありません。

アルコールが体内に入ると、最初は血管が弛緩するために一時的に血管が広がった状態になります。このため血管(特に動脈)が上皮層に近く色白の人の場合血の色が透けて見えやすくなるので、赤らんで見えるのです。
また、血管が広がるということは、一時的な低血圧状態を招いているので、心臓は血圧を保つためにより多くの血液を送り出そうとするために過剰にはたらき始めます。こみれがドキドキの原因です。
誰にでもある症状なのですが、赤らむことは血管の場所や皮膚の色にもよりますし、心臓のドキドキも日ごろの血圧に対する感覚によって感じ方が人それぞれなのです。あえて「鈍感」と言ってよければそんな人は「軽く酔いが回ってきたゼ」という範囲のことです。
お酒が強いか弱いかは、この段階から、どれくらい正気を失わずに飲めるかにかかっています。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kur********さん

2011/10/408:25:04

弱いほうだとは思いますが、日本人としてはそれほど異常なことでもないと思います。
ウィキペディアになってしまいますが、けっこう上手にまとまっていたので
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%BB%E3%83%88%E3%82%A2%E...
をどうぞ。これの下の方の「ALDHのタイプ別飲酒の注意点」をご覧ください。

hag********さん

2011/10/408:19:07

一般的にみれば弱いほうではないでしょうか。
それでも呑めない方からすれば呑めるだけ羨ましいと思いますよ(^O^)
ようは自分が楽しくなければ意味がないので、呑む量は関係ないと思いますよ。

tak********さん

2011/10/408:18:00

たしなむ程度は飲めているようなので弱くないと思います。

fuk********さん

2011/10/408:16:48

どちらかと言えば弱い方ですね。

飲み方は正解です。

アルコールに強い人でも一気に大量のアルコールをガバガバ飲むとベロベロに酔いますが、同じ酒量でもゆっくり時間をかけて飲めばベロベロにまではなりません。

hir********さん

2011/10/408:16:14

自分も酒は苦手です。

飲むと、体がかゆくなります。

もれなく2日酔いもします。ちょっとだけしか飲んでないのに…

合わないんでしょうね。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる