ここから本文です

この話、どうゆう意味ですか?? ある学校の授業でのことだ。 当日は、予報を...

hyo********さん

2011/10/420:44:18

この話、どうゆう意味ですか??


ある学校の授業でのことだ。
当日は、予報を大きくはずして快晴だった。
あるクラスは、その日は何かの実験で、理科室で授業が行われた。
ところが、運悪く、ガスが漏れていたのか薬品がこぼれていたのか…
理科室は爆発し、生徒達も巻き込んで、一切合切こなみじんにしてしまった。
後日、事故現場を片付けている最中に、いくらかの骨や肉片が見つかった。
それらを丁寧に運び出し、体育館に並べていくと…そう、教室にいた分だけの
白骨死体と、余り物が完成するわけである。

生徒は全員が過去に歯科治療を受けており、歯形から確認できる限り全員分の
身元を確認することが出来た。
何人かは顔が残っていたので問題はなかった。
ところが、全く奇怪なことだが、どうも数が合わない。
生徒は39人で、教師が一人。
遺体は全部で41体、子供が40で大人が一。
子供が一人多い…
近所で行方不明になった子供はいないし、他のクラスも人数が合っている。
検察官の一人が首を傾げている様子を見ると、他の検察官が唐突に叫んだ。
「なんだ、数が合っているじゃないか!」
翌日は、予報どおりの雨であった。

もしもこの検察官の閃きと叫びを疑問に思うのならば
これを解決するのに少しばかりの閃きと知恵が必要となる。

閲覧数:
161
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lov********さん

2011/10/421:08:29

解釈はいくつかありますが、有力なのは原爆説です。

予報を大きくはずして快晴
→原爆投下には「快晴の空」が選ばれた

生徒が39人
→原爆による死者は約39万人

子供が1人多い
→広島に落とされた原爆の名前は「リトルボーイ(小さな少年)」

翌日は、予報どおりの雨
→原爆投下後は「黒い雨」が降る(降った)


これ以外の解釈としては、

・本物の人骨を使った骨格標本があった
・教師が妊娠していた
・理科室で人体実験(解剖?)をしていた
・誰かが首を吊っていた

などなどがあります。

いずれもこじつけになる部分がありますが、
原文に言葉を追加したのでは、とも言われます。
たとえば、「一切合切こなみじんに」なったのに、
「白骨死体と、余り物」があるのはなぜだ、とか。

質問した人からのコメント

2011/10/4 21:11:36

降参 早い解答ありがとうございます

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる