ここから本文です

百日法要っていったいなんですか?どこの宗派でもやるんですか?

kchqx336さん

2006/1/1919:05:34

百日法要っていったいなんですか?どこの宗派でもやるんですか?

閲覧数:
92,189
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zi_zi0123さん

2006/1/2016:29:01

百か日法要ですが、最近では残念ながら省略する方もみえますが、本来から言えば「死後最大の供養」と言われ、遺族にとっては、お礼の挨拶回り、遺品の整理、形見分け、遺産相続、納骨など葬儀後の様々な手続を一通り済ませて故人に安心してもらう報告と、自分達(遺族)の心の区切りとして執り行われる大切な法要です。
仏教的に言えば、「13仏」と言って、「初七日~49日法要」までのそれぞれ7日毎の読経が計7回で「7仏」。「百か日・1周忌・3回忌・7回忌・13回忌・33回忌法要」までの計6回を「6仏」。合わせて「13仏」と言うのが極楽浄土へ解脱する「年忌法要」と言われます。それぞれに仏様がついており意味の有る区切りの法要となるわけです。従って「真宗」以外の「禅系」の宗派ではごく一般的に行なわれるものだと思います。

「100日法要」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2006/1/1920:03:48

百ヶ日法要は亡くなってから100目にやる法要です。
(七日目にやるのが初七日法要、49日目が49日法要)
仏教で言えば全ての宗派で必要なのかも知れませんが

最近は省略で49日法要又は百ヶ日法要のどちらかを営みその時に納骨が多いようです。
お寺から言われたら両方やらないといけなくなると思います。

2006/1/1919:54:01

49日で忌明けをむかえてから、1周忌までに行う法要です。
49日と兼ねてする場合もあれば、100日の時にする場合もあります。
追善供養の1つですよ。
仏教全般にありますが、神式でも「百日祭」という同じ意味合いのものがあります。
キリスト教式ではないようです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。