マーガレットという名前の愛称が、なぜペギーになるのでしょうか? マギーやマーゴット、マッジになるのはわかりますが、 なぜ、ペギーにまで変化してしまうのでしょう? Pはどこからきたのでしょう?

マーガレットという名前の愛称が、なぜペギーになるのでしょうか? マギーやマーゴット、マッジになるのはわかりますが、 なぜ、ペギーにまで変化してしまうのでしょう? Pはどこからきたのでしょう?

英語19,160閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

1人が共感しています

ベストアンサー

8

P は M の音が変化したところから来てるんです。 マーガレットの愛称は多くあり、マギーやマーゴット、マッジ、 そのほかにもメグ、メギーがあります。 このメギー(Meggie) の語頭の M音がP音に変化したのです。 M と P の音は音韻学的にはごく近い音なのです。 例えば、Men と Pen を交互に繰り返し発音してみてください。 口の開き方、舌の位置、似てるでしょう。 同じように M が P に変化するものにメアリーの愛称、ポリーがあります。 Mary = Moll, Molly, Polly, Maisie, Maidie http://www.namenerds.com/uucn/advice/nickhistory.html マーサもマティーを経てパティーへと変化します。 マーガレットの愛称がペギーになるのは語源に関係なく、音韻変化なのです。

8人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ウィリアムの愛称がビルであることは、音が似ているので疑問に思わなかったのですが、マーガレットほかMの名前については長い間疑問でした。 マーガット→メギー→ペギーと段階があって変化していたのですね。すっきりしました。ありがとうございます。

お礼日時:2011/10/12 17:52

その他の回答(1件)

0

有力と言われている説は以下。 1 マーガレットの語源は、マルガリ-テス(意味は「真珠」でギリシャ語)。 2. マーガレットの別名が、"Paris Daisy"。 そこで、 Paris DaisyとMargaretとが「合体」→「短縮」でPeggyとなった、 というものです。 その他、諸説あるようですが、果たして論理的説明が可能なのかどうかは「?」な感じがします。上記も「説」ですし。 ご参考までに。 なんとなく・・・といった感じでしょうか。