ここから本文です

法人課税について

pin********さん

2011/10/1300:49:12

法人課税について

高い法人課税によって企業や企業立地の国際競争力を弱めていますが、以下に日本の法人課税負担について二点質問があります。

①「地方法人二税」(法人住民税、法人事業税)の負担が重いとされていますが、企業にとってどれぐらいの負担がかかっているんですか?

②研究開発・設備投資の税額控除が少ないという特徴がありますが、諸外国と比較するとどうですか?


どちらか一つでも結構です。また、それに関する資料がございましたらぜひ頂きたいです。
宜しくお願いします。

閲覧数:
180
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ds8********さん

2011/10/1304:58:40

国際競争力の観点ですよね?

業種でまちまちです。外国税額控除で大きく変わってきますから。
日本は法人税額等は高いですが、企業の社会保険料負担は少ないので、トータルで見たら、普通くらいです。


減価償却資産の損金算入限度額も合理的ですし、マスコミが煽り立てるほどの問題ではないと、私は思います。
逆にシンガポール等が安すぎます。


財務省 平成22年度税制改革大綱 などが参考になりますよ!!

質問した人からのコメント

2011/10/19 23:06:07

感謝 とてもわかりやすく、大変勉強になりました! 有難うございました!!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

bot********さん

2011/10/1302:58:56

1)法人税の実効税率が約40%、法人税が約30%なので 差額の約10%でいいのでは?

2)1つには減価償却期間の問題はありそうですね
確かハイテク製品が7年だけど 普通7年前のパソコンが現役 なんてはないかと

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる