ここから本文です

知恵袋の作り話 大都会の方程式♯5 放送

全局のフェルナンデス君さん

2011/10/1515:16:25

知恵袋の作り話

大都会の方程式♯5 放送

真っすぐ30分間走って息切れした綾人の正面に日本にもありそうな3階建てのビルの中で綾人は休憩していた。
時刻は午後10時30分前、そろそろ開始から1時間経過するところ。綾人は奪った銃の弾の数を数えていた。すると
「ピーポーピーポーピーーーー」
という変な音が外から聞こえてきた。綾人は銃を床に置き急いで外に出た。
「10時30分、10時30分、ゲーム開始から1時間が経ちました。現在10時30分でファーストゲームをクリアした人は42人。ファーストゲームをまだクリアしていない人は1万8052人、残念ながら脱落者は1906人で~~~す。」
今川ではなくロボットみたいな声だった。
「なんだよ、残念ながらって、もっと死んでほしいのか。」
脱落者=死亡者ということは綾人はわかっていた。自分も生きるために一人の人間刺して殺してしまったが出来ればみんな助かって東京に戻りたいが人が自分に襲い掛かったら相手を殺すか自分が死ぬかだ。綾人にとって武器は相手を殺すものではなくて自分の身を守るもの、綾人はそう思った。
「それでは、放送を終わりまーーす」
綾人は放送が終わるとともに例の建物の中に入った。そこで綾人はある変化に気づく。
「銃がない、なんてことだ。」
そこには銃はなかった。誰かが奪ったに違いない。
「あ!、そこの君、ちょっと来てよ。」
後ろから若い男性の声がして、おそるおそる綾人は後ろを向いた。後ろには大学生っぽい人がさわやかな笑顔で手招きしていた。綾人は銃を奪った怪しい者ではないと思い男性の前に来て、男性はこう言った。
「僕の名前は、吉野 博由岐だ。君の名は?」
「田村 綾人です。」
綾人は本名を言った。
「田村君、君にいい知らせを教えるよ。裏情報だが午後11時までに検問所でカード1枚だけでクリアできてファーストゲームを突破することが出来るんだ。今、クリアしている人がいっぱいいるから君もカードを持っていたら行ってみないか。今から行くと歩いて間に合うから今しかないよ。」
綾人は2枚のカード持っていた。行くことにしたが検問所に行く道がわからないので吉野といっしょに行くことにした。

現在時刻10時55分、綾人の視界には検問所が映った。検問所の前に女性が来た。綾人は自分といっしょで例の情報で来たのだろうとそう思った。その時、
「ガガガガガーーーーン!」
前から銃声が聞こえ、女性は倒れた。

例の情報は嘘だったのか。後ろを向いた瞬間!!

綾人は顔面を殴られた。

補足読んだら感想をお書き下さいませ

次回のことは何も言いません。

次回もお楽しみに^^

閲覧数:
104
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

uin********さん

2011/10/1520:16:32

んんんんんんんんんんんんんんんん!!

出だしから今一ですね、物語の中に没頭出来ない!ストリーが・・・・

次回より、一からガンバッテ下さいませ。

又待っています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる