ここから本文です

みどりあお(緑がかった青)って云わないようですが、 以前はあったように思いま...

ozi********さん

2011/10/2209:52:50

みどりあお(緑がかった青)って云わないようですが、
以前はあったように思います。
ありましたでしょうか?

閲覧数:
522
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dan********さん

編集あり2011/10/2216:58:41

色を簡単に表すために「12色環」というのがあって
http://rock77.fc2web.com/main/color/color1-2.html

ここに書いてある「緑みの青」が「緑青」です。

最近はそう言わないんですね、昔は「緑青」とか「青紫」とか言いました。

質問した人からのコメント

2011/10/22 22:24:32

感謝 最初に「ある」と知らせていただいたかたにBAです。 50年も前に買ってもらった24色鉛筆か何かにあった記憶があったんですが、
他の質問に答えたあと、自信がなくなったんです。はたして、検索では引っかかりませんでした。 回答いただき、画像検索したらありました。

http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/002/664/35/1/200511_img_2.jpg

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

orc********さん

2011/10/2217:21:49

みどりあお。今でもありますよ。

12色相環で「青緑」と「青」に挟まれた色を「緑青(みどりあお)」と呼んでいます。「緑みの青」と同じです。また英語の「green blue」ないし「greenish blue」という色名の和訳として「緑青(みどりあお)」を用いることもあるようです。漢字で「緑青」と書くと「ろくしょう」と読む人が多いので,読みがなは必須です。

いずれにしても一般的な色名とは言い難く,平安時代の延喜式に登場する色名「青緑(あおみどり)」とは較ぶべきもないようです。

mar********さん

2011/10/2211:24:19

昔から「緑青(ろくしょう)」,「青緑(あおみどり)」はどちらもありますが「みどりあお」とは言いません.
ろくしょうの読み間違えが一部で使われていたものなのではないでしょうか?

2011/10/2210:43:24

「緑青」を「ろくしょう」と読んだ例は数多くありますが、「みどりあお」と読んだ例は見当たらないようです。
古くは、『建礼門院右京大夫集』(鎌倉時代初期成立)で、春先に萌え出た新芽を「ろくしやう色」と表現しています。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる