ここから本文です

重曹<セスキ炭酸ソーダ(アルカリウォッシュ)<炭酸ソーダ(炭酸塩)と、ナチュ...

nya********さん

2011/10/2300:14:40

重曹<セスキ炭酸ソーダ(アルカリウォッシュ)<炭酸ソーダ(炭酸塩)と、ナチュラルお掃除の味方の強さが違うようです。炭酸塩が一番強力で、単価も安いようなので炭酸塩をお掃除に使いたいのですが

強さも強力なので扱いに注意しないといけない。アルカリウォッシュの方が手軽である、という記述を読みました。
炭酸塩はそれほど強力で扱いにくいのでしょうか?
アルカリウォッシュに比べてどういった点を気をつけると良いのでしょうか?
アルカリウォッシュにしておいたほうが無難なのでしょうか?

実際にお掃除などに使われた方、参考までに是非お聞かせください。
どうぞよろしくお願いいたします。

閲覧数:
3,017
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mim********さん

2011/10/2301:31:17

炭酸塩を使用する際の注意は、
①炭酸塩はpH11.2と、強アルカリに近い弱アルカリ性で、素手だと手荒れしやすいので、ゴム手袋を着用して使用すること
。重曹はpH8,2、セスキはpH9.8なので、炭酸塩に比べると、手荒れのリスクは大分低いです。

②セスキに比べて水に溶けにくく、一箇所のドサッとまとめて入れて、少量の水を加えると、石のようにカチカチに固まってしまうので、十分な量の水で、しっかりかき混ぜながら溶かすこと。特に、排水口掃除にドサッと1カップくらい入れて、中途半端に水を加えたせいで、掃除するつもりが、逆に排水口を詰まらせてしまったり、洗濯に使用する際、予約洗濯をするつもりで、粉洗剤投入ケースに炭酸塩を入れ、ケースの中で炭酸塩が固まってしまうというトラブルも時々目にするので、この点は注意してください。”石のようにカチカチに固まってしまう”という現象は、重曹やアルカリウォッシュでは、まず起きない現象です。

質問した人からのコメント

2011/10/26 13:38:34

感謝 お二人ともありがとうございました。大変参考になりました。特に炭酸塩の固まりやすさが分かりやすく教えていただけてよかったです。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

oka********さん

2011/10/2421:22:34

うちでは、掃除用にはアルカリウォッシュより炭酸塩の方が安いし、強力なので、炭酸塩を500ccの水に大匙2杯(少し濃いめです)を溶かした液をスプレーボトルに入れて使っています。 特に溶け憎いと思ったこともありませんね。

ガスコンロや換気扇などの油汚れなどにはアルカリウォッシュよりずっと強力です。 汚れにスプレーして布やアクリルたわし、ペーパーで拭くだけなのでそんな時は素手で拭いてます。 たっぷり拭きつけてごしごし擦るときや、液に浸けて洗う時にはゴム手袋は必要です。

密閉出来るプラスティック容器に入れておけば何カ月たっても固まることはありません。 多く買ってあるときはジップロックに入ったまま保管してあります。

洗濯にも炭酸塩は必需品です。 炭酸塩だけでも浸け置き洗いで結構きれいになります。 漂白・除菌を同時にしたいときには過炭酸ナトリウム(粉の酸素系漂白剤の主原料)に炭酸塩を加えてお湯に溶かして浸け置き洗いですっきりきれいになります。

スプレーして使うには炭酸塩が私はお勧めですね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる