ここから本文です

ガルシア・マルケス全小説は全てで何巻あるんですか。

exp********さん

2011/10/2302:07:27

ガルシア・マルケス全小説は全てで何巻あるんですか。

閲覧数:
523
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kin********さん

2011/10/2304:52:16

短編集 落葉(La hojarasca)-1955年(邦訳・新潮社 1980年)

大佐に手紙は来ない(El coronel no tiene quien le escriba)-1961年(邦訳・集英社「世界の文学」、1978年)

青い犬の目(Ojos de perro azul)-1962年(邦訳・福武書店 1990年/福武文庫 1994年)、短編11篇

悪い時(La mala hora)-1962年(邦訳・新潮社 1982年)

ママ・グランデの葬儀(Los funerales de la Mamá Grande)-1962年(邦訳・国書刊行会 1979年/集英社文庫 1982年)

百年の孤独(Cien años de soledad)-1967年(邦訳・新潮社 1972年/改訳版 1999年)

族長の秋(El otoño del patriarca)-1975年(邦訳・集英社 1983年/集英社文庫 1994年、新版2011年4月)

エレンディラ(La increíble y triste historia de la cándida Eréndira y de su abuela desalmada)-1978年(邦訳・サンリオ文庫 1983年/ちくま文庫 1988年)

予告された殺人の記録(Crónica de una muerte anunciada)-1981年(邦訳・新潮社 1983年/新潮文庫 1997年)

コレラの時代の愛(El amor en los tiempos del cólera)-1985年(邦訳・新潮社 2006年)

迷宮の将軍(El general en su laberinto)-1989年(邦訳・新潮社 1991年)

十二の遍歴の物語(Doce cuentos peregrinos)-1992年(邦訳・新潮社 1994年)

愛その他の悪霊について(Del amor y otros demonios)-1994年(邦訳・新潮社 1996年)

わが悲しき娼婦たちの思い出 (Memorias de mis putas tristes)-2004年(邦訳・新潮社「全小説」版 2006年)

2006~09年に、新潮社で『ガルシア・マルケス全小説』(全10巻)

が邦訳されたすべての作品です




ノンフィクションやエッセイも含めると

ある遭難者の物語(Relato de un náufrago)-1970年(邦訳・水声社 1992年)

戒厳令下チリ潜入記-ある映画監督の冒険(La aventura de Miguel Littín clandestino en Chile)-1986年(邦訳・黄版岩波新書 1986年)

物語の作り方-ガルシア=マルケスのシナリオ教室(Cómo se cuenta un cuento)-1996年(邦訳・岩波書店 2002年)

誘拐(Noticia de un secuestro)-1996年(邦訳・角川春樹事務所 1997年/改題「誘拐の知らせ」、ちくま文庫、2010年)

生きて、語り伝える(Vivir para contarla)-2002年(邦訳・新潮社、2009年・自伝)

があります

質問した人からのコメント

2011/10/23 05:22:10

わぁ。ありがとう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる