ここから本文です

漫画『進撃の巨人』⑤より 巨人が調査兵団のイルゼ・ラングナーに『ユミルさま…...

rin********さん

2011/10/2322:34:41

漫画『進撃の巨人』⑤より

巨人が調査兵団のイルゼ・ラングナーに『ユミルさま…』と言ったシーンがありましたが、これは北欧神話のユミルと関係あるとおもいますか?

北欧神話では確かに巨人と人間は同じ大陸に生きていますし…
この世界の舞台設定は北欧神話になぞらえて作られているとおもいますか?

エレンの裁判のときいた宗教者はオーディンの信者とか?

じゃそのうち世界樹ユグドラシルとか女型巨人アングルボダとか出てきたりして…笑

『進撃の巨人』と北欧神話について、意見やアドバイスがある方ぜひ聞かせてください!

補足昔北欧神話に傾倒していた時期があったのですが今では記憶が定かではなくて…

確か人の住むミドガルズと巨人の住むヨトゥンヘイムの間にはオーディンがユミルから創った壁があったり深い森や川があったり(曖昧…)した記憶があって、壁外の殺伐とした描写とか割とイメージ近いなぁとおもったのですが…

曖昧ですいません(><)

閲覧数:
3,315
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

犬蔵さん

2011/10/2415:36:37

ユミル(古ノルド語: Ymir)とは北欧神話『スノッリのエッダ』に出てくる原初の巨人。
wikiに載ってましたねw
多分少しは関係あると思います
巨人ですものね
ですがイルゼが何故あの巨人にユミル様と言われたかは不明です
あとあの舞台は雪が降っていて海から遠いと言うのはロシアみたいな環境なのでは

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる