ここから本文です

県営住宅の家賃を請求されています。避難中で収入が無いのに・・・ 私達 避難者を...

san********さん

2011/10/2422:51:04

県営住宅の家賃を請求されています。避難中で収入が無いのに・・・
私達 避難者を助けてください。

私は今、抱えている問題は、県営住宅を借りている避難者が今置かれている現実の仕打ちというか、策略というか、とっても厳しい選択をせかされています。

避難中なのに家賃の支払を請求されています。しかも去年の給与申請そのままの請求額で支払をせまります。
それに、9月末日で緊急避難区域を解除したから10月からの請求と免除申請届を出しても届いた次の月からの免除になり、10月11月は正規の請求をされました。

せめて、免除制度があるのなら、10月からの実施にしてほしかったです。
何度も何度も電話をして 頼んでみました。
喧嘩腰にもなりました。悔しくて悔しくて・・・・


こんな 仕打ちは無いと思います。
まさか、福島県が避難者の首を絞めるようなことはしないと思っていた私は、残念でしょうがありません。
収入はほとんどありません。

もちろん、家賃払えません。
今の避難生活は府営住宅を借りていて、後一年延長され無償で生活できます。
でも、避難命令出した福島県側は、除染もされていないのに家賃を取るのは 不思議なことだと思いませんか?

子供と祖母を避難させて知らない所で一からの生活をするため貯金も底をつきました。
支援金も一度頂いたかぎりです。
それなのに・・・

福島県は遠くからでも避難者を守ってくれてると思っていた私は、裏切られた気持ちです。
この無謀な請求を白紙にしようと考えています。

どうか私達を助けてください。アドバイスお願いします。

閲覧数:
2,014
回答数:
6
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

自宅:(福島県内の)県営住宅
避難先:(大阪府?の)府営住宅

つまり、従来の(福島県内の)自宅の「県営住宅」の家賃を
請求されているわけですが、


【原発事故の自主避難者「損害賠償の対象に」】
http://www.news24.jp/articles/2011/10/21/07192962.html
現在国会でも「自主避難者の損害賠償」についても
次第に煮詰まってきていますが、具体化されるのは、もうまもなくでしょう。
要は当面の臨時緊急措置ですね。


定期的に更新される
福島県のホームページはご覧になりましたでしょうか?
http://wwwcms.pref.fukushima.jp/pcp_portal/PortalServlet?DISPLAY_ID...
http://www.pref.fukushima.jp/j/hinanjo_jouhou1021.pdf

県外に おける民間賃貸住宅係家等の返還(遡及措置)ついては
原発事故に伴う避難等指示対象者にあっては
原子力損害賠償制度よる賠償対象者となっており、
「避難等指示が解除された区域」は原則として賠償対象者外
ということになります。
ただ、例外措置の可能性もあり、問い合わせしてみる価値が
あるかもしれません。

【お問い合わせ先】
東京電力 福島原子力補償相談室 ☎0120 -926-404
「民間賃貸住宅借上げ等の支援」

なお、金銭面においては、下記のルートもあります。

「生活復興支援資金貸付のご案内 」
「罹災証明書」等が要件となっていますが、
何らかの救済策があるかもしれません。
とりあえず電話してみてください。
【お問い合わせ先】
●社会福祉法人 福島県社会福祉協議会(地域福祉課)
( ☎024-523-1250
( 午前 9時~午後5時 、土日祝を除く)

また
「福島県内の 民間賃貸住宅に係る家等返還(遡及措置)について」
●〒960 -8670福島県災害対策本部 遡及措置 担当
☎024-522-6511、6512
(平日のみ 午前 9時~午後5時 )
にも一度お問い合わせしてみてください。

また、県外避難者支援の統括機関がこの件につき
詳しいと思いますし、電話してみる価値は十分あるかと。
【お問い合わせ先】
●福島県災害対策本部 県外避難者支援チーム
☎024-523-4157
(平日 午前8時30分 ~午後5時15分 )


原子力損害の賠償等に関する問い合わせ窓口
☎024-523-1501
相談時間 午前8時 30分~午後9時(平日・土祝も受付)
同じ電話番号で
弁護士による電話での法律相談
毎週水・金曜日午後1時 ~午後5時(祝日含む)
その他
弁護士会への問い合わせ先もリンク先をご参照に。

また最終的には
【生活保護制度】
http://wwwcms.pref.fukushima.jp/pcp_portal/PortalServlet?DISPLAY_ID...
<連絡先>
社会福祉課
〒960-8670 福島県福島市杉妻町2-16
電話:024-521-7323

又は、あくまで最終手段ですが、
【自己破産と免責】
自己破産と免責
http://jikohasan.knowg.net/
http://www.jikohasan.com/4p-tetuzuki2-.htm

完全に借金がチャラになります
(少々のリスクはありますが)

また、人権問題にもかかわりますので、
下記にも是非、一度ご相談を。
【法務省の人権擁護局】
http://www.moj.go.jp/JINKEN/index_soudan.html

また、避難先の大阪府等でも
各種、支援制度はありますけど、
ご覧になりましたか?
無利子の融資制度。
http://www.pref.osaka.jp/koho/tohoku_jishin/ukeire.html
「生活資金の貸し付け」
一時生活支援費:1か月あたり20万円以内
(単身世帯は15万円以内)で6か月以内
生活再建費 :80万円以内
「生活福祉資金(緊急小口資金)の貸し付け」
1世帯当たり原則10万円以内
http://www.pref.osaka.jp/koho/tohoku_jishin/ukeire.html#mimaikin

その他相談窓口のご案内
「大阪弁護士会」
電話による相談をご希望の方
■相談時間: 平日(月曜日から金曜日)午後1時から午後5時
■電話番号:0120-062545(フリーダイヤル)
※弁護士が直接、相談対応します。

「日本産業カウンセラー協会 関西支部」
「被災者・ご家族向け 無料訪問カウンセリング」
関西圏に避難・転居された被災者・ご家族を対象に、
産業カウンセラーが、ご自宅などを訪問してお話しをうかがいます。
お問い合わせ・ご利用申し込み
■受付:月曜日から金曜日 9時から17時
■電話番号:06-463-2357

福島県の県人会も力になってくれると思います。
http://www.pref.fukushima.jp/oosaka/kenzinkai.htm

以上、適当に羅列しましたが
要は
「福島県へのアプローチ」
「避難先の都道府県へのアプローチ」
「国に対するアプローチ」(社会保障等)
「国会議員&地方議員に対するアプローチ」
「東電に対するアプローチ」
「裁判所に対するアプローチ」(免責等)
様々な視点があり、一度思考を整理されてみることを
お奨めいたします。
冷静に対処すれば救済ルートは必ずあります。

各種「政党」「国会議員or地方議員」事務所に
直接アプローチしてみるのも悪くはないかもしれません。

質問した人からのコメント

2011/10/26 23:08:50

沢山の情報ありがとうございます。私達のとって一番いい方法を選択していこうと思います。ご協力感謝しています。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

you********さん

2011/10/2607:43:41

失礼ながら「避難者だから」を繰り返し理不尽にも家賃を踏み倒そうとし、喧嘩腰になる質問者様は典型的なモンスター被災者だと思います。
被災者だから何でも思い通りなって当たり前という考え方を改めたらそこまで悔しい思いをしなくてすむでしょう

kor********さん

2011/10/2423:49:59

生活保護申請したら?○産党事務所を尋ねて相談したら?詳しいです。

q27********さん

2011/10/2423:45:22

大変な現状だと心が痛みます。しかし避難解除になった以上、払う義務があると思います。残念ながらそれが行政の決まりなのです。やはり弁護士に相談しつつ、新しい土地で仕事し収入を増やすしかないです。避難解除になっても線量も高いですし、避難先でそのまま生活して行く方が子供さんの健康の為にいいかと…。国や行政、東電はあてになりませんから。

pin********さん

編集あり2011/10/2608:07:47

またまた補足
緊急時避難区域は放射線量がまだまだ高いし、国による徐線もされていません。
避難区域の解除も根拠がなく、通達も突然です。
避難者は100%、ご自分の主張をして権利を手にしてください。
私は避難者に匿名で牙を向く者こそモンスターだと思います。
質問者様、負けないで下さい。
今後の賠償請求もありますので、ぜひ弁護士会に相談とパイプを作って下さいね。
(東電の請求書は、東電側に有利に過小評価・そして提出してしまえば二度と請求出来ないようになっております。各地で弁護団結成されてますよ、ぜひ説明会もあるので主席されてください)

補足します
緊急そうなので、私の住んでる地域の横浜弁護士会の被災者ホットダイヤルを載せますね。

弁護士による無料法律相談
045ー211ー7703
平日のみ
午前9時~午後4時半
お問い合わせの際は、「被災者ホットダイヤルです」とお伝え下さい。
相談のながれ
1、専用電話に電話し受付

2、弁護士より折り返し電話相談または面談


こんばんは、
まずは深呼吸してくださいね。

南相馬市の方でしょうか?

お住まいの自治体の弁護士会のHPをみてください。無料の電話相談もあるはずです。

相談されて、弁護士からの指示で動いて下さい。

皆、質問者様を助けたいと思っていますよ。
しかし、こういった相談は、弁護士会が有効です。

頑張ってください。

tan********さん

2011/10/2423:12:33

県営住宅であろうが民間の住居であろうが住居を借りてれば家賃を支払うのは当然だと思います・・・
でも、状況が状況なだけに考慮しほしいところですが、どうなんでしょうね

避難解除される前に引き払いたいと相談はしてなかったのでしょうか?というか県営住宅は引き払うつもりはないんでしょうか?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる