投げ釣り専用リールを釣り具屋に見に行ったのですが、3000円から1万9000くらいまでのものがあったのですが高いものは安いものとなにが違うのですか?

投げ釣り専用リールを釣り具屋に見に行ったのですが、3000円から1万9000くらいまでのものがあったのですが高いものは安いものとなにが違うのですか?

釣り225閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

違いだけど、大きくは、デカイ魚を巻き上げる感覚の力だよ、巻き上げ感って言うの グルグルと店で回しても解らない。 そしてリール自体の重さ。 どちらも投げ釣りを快適に行う為に必要なの 巻き上げ感を良くするには、ボールベアリングを増やしたり、材料を良くしている。 でも、部品多くすると重くなるよね すると、巻き上げ感はそのままで重くしない為に軽い材料で部品の数は少なくしないで作るの だから、高くなっちゃう 沢山有って迷うだろうけど、残念ながら、価格が高い程、 巻き上げ感と重さを含めた、他にも良い性能点が多いんだ。

その他の回答(3件)

0

ベアリングの数…安いものは1~3個、高いものは5~10個位あります。ルアー釣り等、リールを巻く回数が多いほど、ベアリングの数が多いほうが高耐久です。 歯車の耐久性…高いリールの方が、歯車の耐久性が高いです。ベアリングと同様、巻く頻度が多くなればなるほど、高いほうが長持ちします。 防錆性…価格の差が最も出る部分だと思います。高いほうが錆には強いです。但し価格の差にかかわらず、使用後にきちんと水洗いし、油を注しておけば、長持ちすると思います。 私見ですが、竿は比較的安いものでもそれなりに使えます。しかしリールはそこそこのモノを購入したほうが確実に長持ちすると思います。さすがに何万円もするものは無理ですが、私は大抵、5000円~10000円位のものを購入しています。使用後はきちんとメンテナンスもしているので、ちゃんと使えています。

0

基本的に、材質と、重量とハンドルの軽さが一見してわかる違いです。 ハンドルが許せたらまだ快適に出来ると思います。

0

1.メーカー品かどうか?【当然・販管費が載っているから高価】 2.使用している金属等の材質 3.部品の加工精度【鍛造や鋳造・・マシンカットとか書かれています。】・その質感・リールの耐久性 その位ですかね? 貴重な資金を趣味に投入されるのでしょうから、使用頻度を考えて、購入される事を勧めます。 「安物買いの銭失い」か「名を取らず実を取る」って事かな?