ここから本文です

弁護士が顧問契約を結ぶのと、会社の経営顧問になることとは意味が違うことになる...

sbkschさん

2011/11/809:33:17

弁護士が顧問契約を結ぶのと、会社の経営顧問になることとは意味が違うことになるのですか?

法律のみでなく、経営についても相談したい場合はどのようになるのでしょうか?

閲覧数:
263
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hilltopokaueさん

2011/11/906:46:21

経営法律事務所と銘打っている事務所があるようにその分野を専門にしている弁護士もいます。ただし、特定の分野をうたっていなくても別に特定分野の業務しか出来ないわけではありません。中小の場合は特に総合的なアドバイスが必要になってきます。大企業の場合は総務畑、営業畑、経理畑といったようにそれぞれの事業部があるので法務的分野の相談が多くなるだけです。弁護士の業務(守秘義務)等に支障無ければ、顧客の紹介等が行なう例も多々あります。M&Aなどはその代表的な例ではないでしょうか?

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

syakebonnさん

2011/11/811:32:05

それは顧問契約の中で決めることであって、名称の問題ではありません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。