ここから本文です

鑑は楯なり とはどういうことですか。

俺は回答王になるさん

2011/11/822:24:01

鑑は楯なり とはどういうことですか。

楚辞章句に、「吾は日を謂うなり。鑑は楯なり。言ふこころは東方に扶桑の木有り・・・・」

と出てきますが、これの意味(日本語訳)がわかりません。教えてください。

補足すいません。補足します。おっしゃる通り、東君からの引用です。

鑑のことを「てすり」と読んでいる文献もあったり、本文解釈は集注、補注、章句とでは違うと思うんですよね。
全部挙げてもらったら莫大な量だしなんですが、有る程度探しても奈何せん漢字ばかりなので、良く分らないんですよね・・・

閲覧数:
379
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

編集あり2011/11/919:27:48

東君は全体として太陽を賛美する詩です。

吾とは日(太陽)のことをいっている。
太陽が空に上がる前、扶桑の枝を手すりとして、しだいに高く登っていく。檻とは(太陽が手掛かりとする)欄干である。(檻;木へんです。鑑ではなかったです)ここでいっている意味は、東方に扶桑の木があって、、、、

楯、盾:中文辞書で 1. 阑槛横木,指阑干:~轩。2. 拔擢:“引~万物,群美萌生”。3. 古代载棺木的车。
楯=阑干(らんかん)=手擦りでよいと思います。

御存じだと思いますが、淮南子始め、扶桑の木は太陽の生まれてくる木だとされています。日本の別名でもあります。
画像は三星堆ですが、太陽を運ぶ青銅の神樹は、楚でも出土しています。
http://www.geocities.jp/torikai007/china/history/sanseitai.html

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる