ここから本文です

2月20日に 「人間の可視光領域と水が透明なことが重なっているのは偶然なのでしょ...

mon********さん

2006/2/2418:28:03

2月20日に
「人間の可視光領域と水が透明なことが重なっているのは偶然なのでしょうか??」
と質問したのですが、うまく意味が伝わっていなかったようです。すいません。
これは
「太陽スペクトル分布において可視光領域で光度が特に強いことと、水の電磁吸収率が可視光領域が一番低い(水が透明)ことは独立(偶然)と聞いたのですが、これは本当でしょうか?偶然だとしたらまるで神様がいるかのような偶然だと思うのですが。」
ということです。分かりにくい文章ですいません(T_T)
どなたか知恵をお貸しください。。

閲覧数:
449
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

あまねさん

2006/2/2420:53:09

「太陽スペクトル分布において可視光領域で光度が特に強い」というのは人間を含む生物の「眼」と呼ばれている器官の感度の話?
それとも、太陽が発生している電磁波の周波数分布のこと?

前者であるなら、他の回答者各位の回答の通り。必然でしょう。

後者だとすると、それは誤解で、特に可視光域だけが強い、ということはないと思うが?
赤外線はいっぱい出ているよね? 暖かいもの。
紫外線もいっぱい出ているよね? 日焼けするもの。ただしオゾン層などでの吸収が大きいけど。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ino********さん

2006/2/2622:23:44

kero_3rd さんの解答を補足する資料を見つけました。

実は太陽放射は、赤外線が最大のようです。と言うことは、
「水が通す波長を見るようになった。」と言ったほうが真相のようですね。
http://gc.sfc.keio.ac.jp/class/2003_17948/slides/02/13.html
http://www.tdk.co.jp/techmag/museum/museum38.htm

chi********さん

2006/2/2422:40:24

kero_3rd さんの解答に加えて、
太陽などの恒星のスペクトル強度は、ほぼ黒体輻射のスペクトル強度法則にしたがっていて、星の温度によって決まってしまうものです。

kit********さん

2006/2/2418:54:43

生物がこの領域の電磁波を利用するのが自然だと思います。偶然ではありません。
水の中を見通せないなら目は必要ありません。光度が強い領域を認識できれば「光」を有効に利用できます。

c9_********さん

編集あり2006/2/2418:40:49

偶然ではないと思いますよ。
もともと生物は、水中から発生しているとの事ですから。その生活圏である水中で生きていくための情報を得るためには透過率のよい可視光線領域を利用できることは生き残るために有利に働きますから。
進化論から云えば至極当たり前のことです。

kin********さん

2006/2/2418:36:48

先の質問・回答とも見ていませんが・・・

仮に、現在、水が"赤い色"を帯びているのが普通とします。
そして、この質問を書き換えたら分ると思います。

『水が、赤いのは・・・』

どうでしょうか・・・?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる