ここから本文です

住宅ローン抵当権の登録免許税について、ふと疑問に思ったことがあるのですが、例...

bei********さん

2011/11/2023:09:12

住宅ローン抵当権の登録免許税について、ふと疑問に思ったことがあるのですが、例えば建売住宅を3000万円の住宅ローンを組んで購入した場合、抵当権の登録免許税は住宅用の家屋を取得したということで

3000万円×1/1000=3万円になります。一方で建売住宅ではなく注文住宅の場合は、当然まず土地を買います。
銀行によっては土地購入時に建物分の代金も含めて抵当権を設定するところもあるかと思います。でもこの場合、住宅用家屋取得のための抵当権ではないので4/1000で納付しなければいけません。これって後から還付を受けることができるのでしょうか?建物を建ててから住宅用家屋証明書を役所で取得して確定申告時に払いすぎていた分を還付とか。
どうなのでしょう?

閲覧数:
1,023
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dor********さん

2011/11/2117:32:25

還付を受けることはできません。

租税特別措置法の適用があるのは、住宅用家屋の新築又は取得をするための資金の貸付け等に係る債権を担保するための、住宅用家屋を目的とする抵当権の設定の登記に係る登録免許税です。

質問の場合は、土地を目的とする抵当権の設定の登記ですから、租税特別措置法の適用対象ではありませんので、住宅用家屋証明書の有無にかかわらず、登録免許税の税率は1000分の4です。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる