『保険の窓口』とか『保険クリニック』等々、最近、保険会社の無料相談窓口がありますが、 どの様な感じなんでしょうか?

補足

窓口も何社かありますが、2~3社 回った方がよろしいか? それとも言われることは、同じなんでしょうか?

保険6,688閲覧

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(6件)

2

保険の窓口云々は手数料、大手生保は出来高制と呼び方は違いますが結局は同じ穴のムジナでは。 売ってる商品(特約など)はだいたい外資でも国内でもどこにもあります。 大切なのはやっぱり担当の「人」だと思いますよ。 出会いを大切にするためにも何社か行ってみるといいかもしれませんね。 ただ、窓口系は大手の契約者を奪ってナンボなので、大手生保のことはそんなに良くは言わないと思います。 自分で自分の保険内容がわからないから、自分が選んだ外交員がときどき説明に来てくれるわけで、 そんな人が加入後顔の見えない保険で大丈夫なのか心配しちゃいます。 景気も医療も保険も生もので停滞していないので。 自分のニーズがまず見えてくると良いですね。

2人がナイス!しています

1

お時間があれば、複数箇所まわられても良いと思います。 ほとんど同じような結果になるかと思います。 確かにそういったところの収入源は手数料です。 手数料が良いからといって、オススメしても売れるとは限りません。 あくまでお客さまのニーズにあってこそ、売れるのです。 複数の保険会社の商品を扱う保険の代理店で仕事をしていますが、設計はまず、お客さまのニーズを聞くことから始めます。決して手数料がよい商品だけ先に並べることはしません。 手数料が良い商品というのは大概決まっています。 「保険金支払いの可能性が少ない」こと「お客さまに返るお金が少ない」こと。 こういった保障にあまりお客さまは魅力を感じませんよね…。 …売れません。…必要とする方もいらっしゃるので、全くとは言えませんが。 窓口で提案されるのは、売れ筋だと思います。多くのお客さまから支持されている商品はやはり売りやすいのです。たくさん売れば、手数料があまり良くなくとも、量で稼ぐことができます。 手数料が高いからといって、ニーズに合わない商品を紹介しても、お客さまはゼロになるだけですから。 しっかり話を聞いて、自分のニーズにあっているかをご判断下さいね。

1人がナイス!しています

0

私の友人が窓口で勤務していますが、やはり手数料だそうです。 確かに、医療に関しても最近みなさん同じものを勧められているように思います。 そして、そのまま加入されてますが。 学資保険なんかもそうですよね。学資保険では手数料が少ないので、窓口の方は終身保険を勧めます。自分のためです。 担当者次第ですね。 どこの保険会社もそうだと思いますよ。

0

公平な立場なんてものを唄ってますが、手数料収入です。 保険によって額が変わりますので、割の良いものを勧められる可能性は否めません。 保険を、支払額で考える人はどこで見てもらっても同じ。 それっぽいものを掴まされるが、中身がないので使えません。 同じようなところを回るのではなくて、国内生保などにも見積もりを出させましょう。 その中で、他社の悪口言いながら薦める人間は相手にしないことです。 それと、保険の窓口なんかで加入すると、一人3つも4つも組み合わせて加入させられますが いざというとき、そんなに一杯どうやって交渉するの? 立ちの悪い保険会社は、疑ってかかるので、相当なストレスになる。 それを数社自分でやれますか? きちんと担当を選んで入る方を薦めます。

0

利用させてもらいました。 すごく良かったです。 うちは主人の保険の見直し、私と娘の医療保険を契約しました。 私と娘は保険窓口から紹介していただいた中から自分でネットなどで調べて決めました。 主人の終身保険は今は銀行でも取り扱っているので他の銀行2行にも同じ条件で見積もりしてもらい結局保険の窓口で 紹介してもらったところが一番利回りが良かったので契約しました。 大手生保の満期を迎えて解約して乗り換えた形になります。 私のはバブル時に契約した終身だったのでこれは今では考えられないお宝保険で終身部分は残しましたが特約医療保険は ほぼ同じ保険料で5日めからの入院費が1日目からに。先進医療もつけられ、終身払いが65歳払い済みに変えられたので大満足です。 バブル時代のお宝保険は終身の利率は高くて良いのですが(私の場合掛け金総額の3倍になります)特約は高い買い物になってしまってました。 窓口に行かなかったら気がつかなかったと思います。