ここから本文です

年金所得がある方の年末調整について

manya0122さん

2011/12/216:32:11

年金所得がある方の年末調整について

70歳以上の年金所得のある方をアルバイトで雇用しました。
給与について年末調整をすることになりますが
年末調整の社会保険料控除につてですが、
年金から特別徴収されている介護保険料、高齢医者の医療保険を
給与所得の年末調整で控除することは可能ですか?

年金から天引き分は雑所得(公的年金)の控除対象となるので
給与の年末調整とは無関係なので確定申告してくださいと本人に通知したのですが
どうしても納得できないようです。

私の考えが間違えなのでしょうか?。
間違っていないなら本人を納得させられるようなもの(公的な文書)など
どこかに記載がありますか?

補足ちなみに
年金額は100万円程度で源泉徴収税額は0円
給与(年収)は150万円くらいです。

閲覧数:
37,540
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tttmax22さん

編集あり2011/12/217:19:30

>年金から天引き分は雑所得(公的年金)の控除対象となるので
この考え方が間違いです。収入・所得・各種控除はそれぞれ独立した物で、この控除はこの所得から等の縛りはありません。
ですから年末調整で控除しても差し支えありません。最終的には確定申告で同じことなんですがね。

給与収入-給与所得控除-各種控除(A)=課税給与所得×税率=年末調整による年税額

年金収入-年金控除=年金所得

確定申告で
給与所得+年金所得-各種控除(A)-各種控除(Aに入れなかった物・医療費控除など)=総課税所得×税率=確定所得税
確定所得税-年末調整による年税額=追加納税又は還付

補足
年金額が100万円程度とのことですので確定申告は必要ありません。
天引きされた介護保険料は
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/pdf/h23_05.pdf
この申告書の左下「社会保険料控除」のところに記入してください。
証明書など必要ありません。2ヶ月おきに通知されてる振り込み明細書で計算してください。

参考サイトもついでに
http://allabout.co.jp/gm/gc/14795/1/

回答者さんの回答に「年末調整の手引き」というのがあったので保険料控除に関するところだけ
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/nencho2011/pd...
「社会保険控除」のところを熟読されてください。
年金から差し引かれる介護保険料のことも載ってます。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

2011/12/217:09:42

微妙な問題ですね。
控除対象となる社会保険料は本人が支払った社会保険料です。所得税法にはその社会保険料の払方法については明記されていません。
条文に明記されていないことは納税者有利に考えるのが税法の基本です。

私は控除できると思います。

手引きに書いていないことは納税者有利に考えるべきです。

ko_hattoriさん

編集あり2011/12/219:29:17

年末調整できるのは、「給与所得」に関してです。
給与以外に所得がある場合は、確定申告しなくてはなりません。

年金から特別徴収されている社会保険料(介護保険料など)については、1月中旬に本人宛に届く「公的年金の源泉徴収票」が無いと、公的な証明ができません。

年末調整というのは、そもそも、確定申告の代わりの「略式な手続き」に過ぎず、確定申告でできる手続きがすべてできるわけではありません。
ですから、納得いかないも何も、年末調整でできないことは確定申告(正式な手続き)をするように、と通知するしかありません。


>本人を納得させられるようなもの(公的な文書)など
税務署で、事業所向けに配布している「年末調整のしかた」に載っていないものは、年末調整できないから載っていないのです。
その冊子をご本人に渡して、全部(80ページ以上ありますよね)読ませて、納得させるしかないでしょう。
「年末調整のしかた」の社会保険料控除の欄に、「年金から特別徴収・・・・その年金の受給者に社会保険料控除が適用されます」という記述がありますが、だからといって年末調整で計上できるという意味にとるのは難しいと思います。
もし年末調整で計上すると、給与所得の源泉徴収票の所得控除の額は、介護保険料を含めた額が載ることになり、1月に送られてくる公的年金の源泉徴収票にも載る額と合わせて確定申告すると、二重に控除を受けることができてしまいます・・・・。

補足について
年金の受給額が100万円だったら、雑所得は0円です(65歳以上なので、控除額が最低120万円)。
ですから、確定申告をしなくても差し支えありませんが、年金から特別徴収されている保険料は、確定申告でないと計上できません。

kokoro888さん

編集あり2011/12/217:19:33

質問者の方の言う通り 年金部分は、確定申告です。
納得いかないなら、税務署にあなたが 電話して 本人に渡せばいいだけです。恥をかかないと納得しない人でしょうから。

税務署の電話は、自動案内で 個人事業税課に回るので 回ったら『年金の確定申告の件で』と 言って担当者が出たら
『年金分は、年末調整できないと言っても納得しない人が居るので変わります。』と言って 本人に受話器を渡せば OKです。

文章なら、『平成23年の年案津調整の仕方』を渡し どこに年金の年末調整が書かれているか探して下さい。ここに載っていないことは 年末調整では出来ないことです。と 渡して 隅々まで読んでもらうのが一番です。
税務署の発行文章を自分で読ませないと 改ざんしたんじゃないかとか 疑う人は疑うからね。

補足:年金所得が 100万程度 源泉0なら確定申告をする必要はなし。年末調整だけ(150万)すれば OKです。
所得税がかからない 年金所得を申告する必要なし。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。