物理Ⅰ 音叉の問題について

物理Ⅰ 音叉の問題について 高校のテスト勉強を行っているものです。 答えになる理由がイマイチわからないのがあったのでどなたかよろしくお願いします。 ここに音叉A,B,Cがあります。AとCは同じ音叉です。(同一の振動数) このときAに重りをつけてA’とします。 このとき3つの音叉のうち2つづつを鳴らした場合 うなりの速さは、 BC>A’C>A’B となりました。 このときの A’、B、Cを出す音が高い順に並べ替えなさい という問題がありました。 答えは、 C、A’、B らしいんですが 理由がわかりません。試験のときおそらく理由は必要ないと思うんですが、 順番を変えられたらお手上げ状態になってしまうんで、 理由を教えてください。

物理学244閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

もともと、AとCは同じ振動数で、A’はおもりをつけたので、振動数は小さくなります。 C>A’ 問題は、Bがどこなのかです。 下図のように、3パターン考えられます。 BC>A'C の式は、BとCでのうなりの速さは、A’とCでのうなりの速さより大きいという意味でしょうが、 下図では、BCの長さは、A’Cの長さより大きい。 ととらえてもいいわけです。 BC>A’C>A’B となるのは、どのパターンなのか考えてみればよいと思います。

画像

ThanksImg質問者からのお礼コメント

このように考えればよかったんですね ありがとうございました

お礼日時:2011/12/4 23:45