ここから本文です

年末調整、確定申告の申請方法・必要書類について。

t0523952さん

2011/12/610:39:41

年末調整、確定申告の申請方法・必要書類について。

11月末で退職したので年末調整の紙は出して貰えると思っていたのですが、
会社の規定で12/31に在籍の社員にしか年末調整は渡せないと言われました。
理由を聞いても、「規定に書いてあるから」との事で担当者も理由は分からないようです。

1月に出産予定の為、今年はかなりの医療費(10万円以上)を支払っているので
確定申告をしたいと思っていたので、困ってしまいました。
自分で全てを行う場合、どのような手続きをとればいいのでしょうか?
また期日はいつまでなのでしょうか。

出産後しばらくは働けないので、失業手当は延長手続きを行い、
12月から主人の社会保険の扶養に入ろうと思っていたのですが、
それも会社の規定で入れないと先日、急に言われたので、
国保や年金も12月分だけ自分で支払うことになりました。
会社の規定では1月からなら社会保険・所得税の両方の扶養に入れるとのことです。

夫婦とも同じ会社なので、年末調整等、必要書類などは
全て会社から貰えると思っていたので、
今から何を用意して税務署に行けばいいかも分かりません。


どなたか分かりやすく教えて頂けますでしょうか。


~質問まとめ~

①確定申告をするには税務署に行けばいいのか?
(住んでいる地域の税務署のみ可能なのか、もしくは実家(他県)でもいいのか)

②その際、持参するものは何か?
給料明細を全て持っていくのか?
(生命保険の控除証明書・医療費の領収書の他に何が必要か)

③確定申告の期日はいつまでか?
(1月に出産予定、3月には今の地域に戻ってくる予定です。)

④12月は自分で国保等は支払い、来年1月から主人の扶養に入る場合、
確定申告の際、何か特別な申請などはあるか。


説明が二転三転してしまい、分かりづらく申し訳ありません。
年末前までには実家に帰るので間に合うのかどうか不安です。
よろしくお願いします。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
90,710
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

akko7974さん

リクエストマッチ

2011/12/611:50:22

① 確定申告するには、住所地の税務署に行くか、国税庁のHPで入力・印刷・郵送で申告書を提出します。

来年1月4日になると、平成23年分がUPされます ↓

https://www.keisan.nta.go.jp/h22/ta_top.htm

http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kakutei.htm


② 給与明細ではダメです。 会社から平成23年分源泉徴収票を交付してもらってください。

③ 国民健康保険料は領収書で金額が分かればOKですが、国民年金保険料については控除証明書が必要です。

2月の上旬に郵送されてきますから、それまで待ってください。


確定申告の時期は2月16日から3月15日ですが、還付申告になりますから全然あわてる必要はありません。

なにせ来年1月1日から5年間、いつでも可能ですから。

ただ、あまり遅くなると6月からの住民税の計算に間に合いませんので、税務署に足を運ぶなら、混み合う時期をさけて4月上旬にでも申告に行ったらいかがでしょうか。

質問した人からのコメント

2011/12/7 07:39:18

降参 急ぐ必要は無いと分かり安心しました。
ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tripotosさん

編集あり2011/12/612:03:27

来年、1月15日頃から御住みになっておられる管轄の税務署に行けば確定申告書がそろってますので、個人の所得税の確定申告書のAというものと医療費控除の医療機関から交付された領収書を整理する用紙や封筒をもらってきて、そこに交付医療機関ごとにまとめて記載し領収書とともに所定の封筒に入れ、確定申告書とともに提出します。提出は、郵送でも結構です。その際に必要なのが、会社から交付された源泉徴収票で、あと12月分お支払になった国民健康保険の金額だけで領収書の類は必要ありません(なぜなら、虚偽の数字を記載してもすぐに確認できるからだそうです。)ただし、国民年金の場合は、控除証明書を持参します。
源泉徴収票が、会社から退社後1ヵ月以内に交付を受けておられる(会社の義務)とおもいますので、源泉徴収票があればよいですが、会社が交付してくれないときは、今年中の給与明細を税務署に持参し、税務署にある「源泉徴収票不交付の届出」というものを明細に基づき記載すれば、税務署が会社に如何して源泉徴収票の交付を行わないのかとか、あなたが記載した内容との齟齬がないかと賃金台帳の提出を税務署が会社に指導することもあります。が、ご主人が会社におられるのであれば、余り過激なことはできませんね。
確定申告の期日は一応、地方税の算出との関係で来年3月15日頃までと決められてますが、税還付の場合、消滅時効がかからない限り受け付けてくれます。が、還付をお急ぎでしたら来年早々に確定申告書の用紙がそろっていることを確認して、税務署にいけばよいと思います。税金の還付は早くて3月20日頃だったともいます。私がそれぐらいでした。
ご主人の税務上の扶養に入るときには、平成24年分の「扶養者控除等異動申告書」というものを会社からご主人がもう既にもらっていると思いますので、そこにあなたの名前を記載し、来年中の所得の見込み額を記せばよいだけです(失業保険の給付や出産一時金の類は非課税ですので、この所得には関係はありません)。社保については、ご主人の会社のご担当の指示に従い、あなたの年金手帳などを用意しましょう。国税庁のHPより殆どのものが入手できますので、また申告は、郵送でも全く問題がありません。
実家の最寄の税務署でも、提出先が異なっていても書き方などをしっかり教えてもらえますので、印鑑・源泉徴収票・医療機関交付の領収証・12月分の国保の支払額をメモと国民年金の控除証明書、あとは、保険料などの控除証明書をもって税務署にいき、実家ではなく、お住まいの管轄の税務署宛に送付してください。
全く難しいことはありません、一度、やってみれば、あーこの程度のものかとお思いになると思います。
医療費控除についての記載例
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1124.htm
源泉徴収票不交付の届出
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/annai/pdf/231000...
確定申告書Aの記載例
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kisairei2010/index....
などです。不明な点がありましたら、税務署でも再度、私にでもお聞きください。
国民健康保険や国民年金をお辞めになるときは、市役所の障害年金課の国民健康保険課や国民年金課に一報しやめる手続きを忘れずに取って下さい。
今頃、ご主人は会社から先の24年分の「扶養控除等異動申告書」と23年分の「保険料控除兼配偶者特別控除申告書」というものをもらってますので、それぞれの年分に気をつけてください。

編集あり2011/12/611:16:01

>会社の規定で12/31に在籍の社員にしか年末調整は渡せないと
言われました。
会社の規定ではありませんよ、法律で決まっています。

>自分で全てを行う場合、どのような手続きをとればいいのでしょうか?
医療費控除をするつもりだつたのなら、元々医療費控除は確定申告
です。中途で退職したなら、それも含めて確定申告をしたほうがいい
ですね。

①はい、税務署です。申告自体は、実家でも住所地の税務署でも
かまいません。PCから事前に書類をアウトプットしておくと、書く手間
が省けますし、特に医療費控除は書いたりが税務署では面倒ですよ。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokus...
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki02/01.htm

②給料明細ではなく、途中退職の場合でも、年末調整していない
源泉徴収票を会社がくれますので、それを持っていてください。

③2月16日~3月15日までですが、還付申告の場合はいつでもいいので
他の申告の人とかぶらない様に行ったほうが待たなくていいですよ
源泉徴収票を貰ったら、直ぐに行かれたほうがいいですね。
還付があれば、普通に申告する人より早くもらえますよ

④税務署での申告申請は必要ありません。

プロフィール画像

カテゴリマスター

southern_africa_2010さん

リクエストマッチ

2011/12/611:05:14

t0523952さん

>理由を聞いても、「規定に書いてあるから」との事で担当者も理由は分からないようです。
会社に規定ではなく、所得税法で規定されているからです。
法律を遵守すればその様な会社の対応になります。


>1月に出産予定の為、今年はかなりの医療費(10万円以上)を支払っているので
>確定申告をしたいと思っていたので、困ってしまいました。
それなら、年末調整されなくても同じですね。確定申告するわけですから。


>自分で全てを行う場合、どのような手続きをとればいいのでしょうか?
年末調整を受けてからの確定申告も年末調整を受けない場合の確定申告も手続きは同じです。


>また期日はいつまでなのでしょうか。
あなたの場合、還付申告ですから、来年になればいつでも申告できます。確定申告期間の2月16日から3月15日は関係ないです。


>会社の規定では1月からなら社会保険・所得税の両方の扶養に入れるとのことです。
所得税の扶養(正しくは控除対象配偶者)は、会社の規定ではなく、所得税法により今年は控除対象外であると言うことです。


>今から何を用意して税務署に行けばいいかも分かりません。
1.平成23年分の源泉徴収票(「ネンチョウミズミ」と書かれている物です)
2.毎年年末調整で提出している保険料の控除証明書
3.医療費の領収証書(夫の方で申告する場合は必要ないです)
4.確定申告書A(税務署でもらいます)
以上だけです。


>①確定申告をするには税務署に行けばいいのか?
住民票のある住所の税務署です。郵送もできます。

>②その際、持参するものは何か?
先に書いた通りです。
印鑑と、還付金を振り込む金融機関の口座番号が必要になります。

>③確定申告の期日はいつまでか?
先に書いた通りです。
来年以降何時でもいいです。確定申告期間中は混みますから、それより先にすれば、還付金が早くもらえます。

>④12月は自分で国保等は支払い、来年1月から主人の扶養に入る場合、
>確定申告の際、何か特別な申請などはあるか。
無いです。
あなたが支払った12月分の国保料は、あなたの方でも申告できますし、夫の方でも申告できます。
お得になる方で申告すればいいでしょう。


>年末前までには実家に帰るので間に合うのかどうか不安です。
それならば、戻ってきてからでもいいですね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。