ここから本文です

千代大龍に改名どう思いますか?

mar********さん

2011/12/613:46:04

千代大龍に改名どう思いますか?

明月院の方がよかったと思いませんか?

相撲ファンのとっては、千代なんとかがたくさんいても紛らわしいだけです。

九重部屋だから、という単純な理由だけでなんでもかんでも冠名をつけるのはどうでしょう?

相撲を見る側からのメリットは、「千代だから九重部屋の力士か」と思う程度です。

たとえば、本名が鈴木や高橋など平凡なものでない限り、安易に改名しない方がいいのでは?

閲覧数:
2,500
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sea********さん

2011/12/622:45:35

九重部屋の「千代」。春日野の「栃」(どういうわけか木村山だけ栃じゃないんだよなぁ・・・)、佐渡の「琴」など、師匠や部屋の由緒あるしこ名の一部を伝統的に使う部屋がありますが、否定論が多いですが、私はどちらかといえば肯定派です。
やはり「千代」を名乗るとか、佐渡なら「琴」をつけることで九重の一員であることを当人が自覚できる、という意味はかなりあろうかと思います。

確かに明月院なんて、本名なの?って思うしこ名です。格好いいとも思います。
しかし、九重の力士たちは、明月院は付出デビューでしたので十両昇進時でしたが、その他の力士は三段目になると千代を与えられます。目標を与え、師匠の「千代」を名乗らせてもらえるために頑張る。いい話だと僕は思います。

ご質問者さんの思いには反しますが、それこそ相撲ファンなら、みんな千代がついていようが、その区別はつけていくべきでしょう。
大相撲を知らない人が、千代なんとかばっかりだよねぇ、とか琴なんとかばっかだよねぇ、というのとは違うと思いますし、相撲ファンであろうがなかろうが、千代がたくさんいることで感じるもの、その組織性に意味を見出せるのではないかとも思います。

また、他の方がおっしゃっているように、千代大海龍二を由来としているところも多いと思いますが、千代大海は辰年生まれで、それにちなんだ名前「龍」が含まれている(実際、僕も千代大海と同い年の辰年生まれですが同級生に「龍」がつく友人は多いです。龍介とか竜太郎とか)。明月院も千代大海の丁度一回りしたの昭和63年生まれ、辰年生まれで、辰年生まれの力士が「龍」をつける。まぁ、龍のイメージからして、干支関係なく龍は使われますが、そういう「こじつけ」であっても、いいんじゃないかな、なんて思います。

個人的には、群馬出身でもないのに「妙義龍」とか、埼玉方面出身でもないのに「武州山」なんてしこ名のほうが、はるかに「おかしい」と思いますよ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sin********さん

編集あり2011/12/701:15:05

賛成に1票。
千代大龍はスゴクいい四股名だが明月院はそのまま残しても好かった。

紛らわしいという点については春日野も佐渡ヶ嶽も一緒なんで、
それについてはどうこうは思わないけど、明月院は捨て難かった。

また知ったかのクソガキが出てきた。それにしても長えな。

sok********さん

編集あり2011/12/617:02:06

本名がかえってカッコいいこともある。
横綱輪島、佐渡ヶ嶽部屋の長谷川、春日野部屋の蜂矢(本名は蜂谷)と金城(後に栃光)…
金谷改め栃赤城みたいな名作でない限り、千代◯◯だと漢字四文字はカッコ悪い。
大体明荷は3文字用に作られている。千代の富士の明荷は「千代富」で「の」は「代」の、「士」は「富」の各々右下に小さく書かれていました。
土俵入りも相撲も全てがカッコいい千代の富士でしたが、明荷だけはカッコ悪かったです。
明月院…特に「院」がカッコいいのに…

九重親方は口上の四字熟語は否定的なのに、四股名は四字にしたがるのか?
千代は要らない。使いたいなら無い知恵絞って櫻とか嵐とか3文字にするべきだ。

ついでに「大」も余計だ…
千代大海の「大」は大分で「海」は北海道と縁のある土地から選んで四股名にしている。他の力士まで千代大◯にしたら本人のオリジナル部分がなくなるよ。九重の系統はどうも漢字がバカなようだ。ほくとうみ(北勝海)も出身地の十勝海だと10勝しか出来ないといけないからだが、「十勝」の「勝」は「と」とは読まない。あ~あ…

長文すいません…

g1x********さん

編集あり2011/12/618:44:52

※これはあくまで私の私見です。

最初は九重親方は「千代観月」というのを検討していたみたいですが、日体大相撲部監督の齋藤一雄さんと佐ノ山親方の助言で結局「千代大龍」に決まってしまったらしいですね。
これはどう見ても佐ノ山親方の現役時代の四股名「千代大海 龍二」から因んだことは明白で、ハッキリ言って個性がありません。
「明月院」という名前は本名とは思えぬどこか格調高い雰囲気があるので、本名のままにするか、せめて九重親方の「千代観月」にすべきでした。

ともあれ新十両おめでとう!

nim********さん

2011/12/622:28:50

もう今から50年くらい前の力士ですが、北海道出身の「明武谷」という、関脇まで上がった力士がいました。
この漢字で「みょうぶだに」と読み、いかにも四股名っぽい名前ですが、これは本名(苗字)です。
正確に申し上げると、本名は「明歩谷」と書いて「みょうぶだに」と読みますので、「歩」を「武」に変えてはいますが、本名の響きが良かったのか、読みは本名のままでした。

好角家の中にも本名のままの四股名を嫌う人もいますが、無理やりつけた四股名より、座りの良い本名の方が良い場合もあります。
しかもこのところ九重部屋は関取ラッシュで、十両に千代の国、千代嵐、千代桜、幕下上位に千代鳳、千代丸、千代皇と千代ばかりいるので、どれが誰だかわからなくなってしまいそうです。
そんな中、珍しい名前の「明月院」ってむしろカッコいいと思うのですが。

for********さん

2011/12/718:51:02

私も明月院のしこ名で良かったと思います。どうしても元大関・千代大海関と間違いそうですね。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる