ここから本文です

電子の非局在化について

kob********さん

2011/12/1200:55:24

電子の非局在化について

電子は、非局在化できる範囲が広ければ広いほど、安定化すると考えてよろしいでしょうか??

ご教授願います。

補足また、分子構造が安定するということは、それを構成する電子も安定であると考えてよろしいのでしょうか?

閲覧数:
473
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ara********さん

2011/12/1215:58:03

>電子は、非局在化できる範囲が広ければ広いほど、安定化すると考えてよろしいでしょうか??
大ざっぱに言えばそういう傾向はありますけど、それがすべてではありません。

>分子構造が安定するということは、それを構成する電子も安定であると考えてよろしいのでしょうか?
質問が意味をなしていません。どういう状態にあろうが「電子の安定性」は同じです。「電子配置が安定か」と言うことであれば、そういう傾向はあるでしょうけど、何と比較するかにもよります。

質問した人からのコメント

2011/12/18 13:07:05

感謝 ありがとうございました!!!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

acc********さん

2011/12/1304:49:43

非局在化することにより、共鳴ができます。共鳴構造がたくさんできるほど安定です。
あなたの言う範囲がこのことであれば正解だと思います!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる