ここから本文です

昨日、NTTフレッツ光からauひかりホームギガに変更いたしました。しかしなら、思っ...

hir********さん

2011/12/1222:27:40

昨日、NTTフレッツ光からauひかりホームギガに変更いたしました。しかしなら、思った以上に回線速度がよくならず悩んでいます。

現在の接続状況は
光ケーブル

モデム等

ルーター(1Gbps対応) → ①PC(1Gbps対応)

ハブ(100Mbps対応) → ②PC(1Gbps対応)

LANケーブルは①までCAT-5e。②まではルータ~ハブ間だけがCAT-5です。

フレッツ光時 :①PC 下り79.60Mbps 上り75.42Mbps
②PC 下り68.45Mbps 上り65.64Mbps

auひかりホームギガ:①PC 下り94.65Mbps 上り92.01Mbps
②PC 下り90.65Mbps 上り91.09Mbps

確かに全体的に20Mbpsほど速くはなりましたが、②PCは途中に100Mbpsまでしか対応してない機器がありますので、
①PCだけはもっと速くなってもいいのではないかと思います。
都心部なので使用世帯数が多いのは分かりますが、そこまで速度が落ちるとも思えません。
とても10倍の回線にしたとは思えないのですが、何かしらの原因があるのでしょうか?

閲覧数:
1,375
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lyu********さん

2011/12/1320:13:58

遅延の影響です。

スピードテストはPCと遠く離れたサーバー間の通信速度で、基地局とモデム間の通信能力を表すものでは有りません。通信能力が細い内は簡易的に利用出来ますが、末端の通信能力以外の要因でも変化するので正確な物ではありません。特に、光のような高い通信能力の回線では全くあてになりません。単に特定のサーバーとの通信速度を表しているだけです。これを速くしようと努力しても無意味です。普段は数メガ以下の通信速度です。スピードテストの速度がいつも出ている訳では有りませんので、スピードテストに拘る必要は有りません。光なら契約通りの回線能力があります。スピードテストはする必要ありません。

実は、光は無駄回線なんですよ。普段は数メガ以下の通信速度ですので、能力の90%以上を余らせています。
本来なら、光の回線業者がしっかり説明しなくてはならない事なのですが、回線速度(能力)と通信速度の思い違いを利用した誇大広告で利用者を集めています。



PC............PC
|...............:
(ハブ).........:
|...............:
ルーター・無線

モデム
| ←------- ここが回線部分
NTT等の基地局

プロバイダー

インターネット

目的のサーバー


普段は全体を通して数メガ以下の通信速度です。
光が速い安定といっているのは、回線部分の太さについてです。
回線を光にしたからといって、全体を通した通信が安定する訳ではありません。

質問した人からのコメント

2011/12/13 21:27:52

そうでした^^;
色々とありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

a27********さん

2011/12/1300:44:47

多くの人が勘違いしてますが、1Gbpsというのはauひかりだけではありません。フレッツ光ネクストだってONUまでは1Gbpsなんですよ。なので、両者は速度的にはほとんど一緒と思っていたほうがいいかも知れません。

NTTの光ネクストの説明の中に、こんなコメントがあるので載せておきます。(イメージビデオのちょっと上の小さい文字です)
http://flets.com/next/fm/

ただ、NTTは控えめに200Mbpsと言い、auだけが1Gbpsを誇張しているだけと思ったほうがいいでしょう。

私は2年くらい前に、光ネクストからauひかりホームギガ得に切り替えましたが、速度は体感的には変わらず、スピードテストの結果も今は平均すると75Mbps位です。最高でも124Mbpsでした。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる