ここから本文です

警備員のアルバイトについて 警備員のアルバイトをしようと思い警備会社に電話...

azs********さん

2011/12/1623:42:27

警備員のアルバイトについて

警備員のアルバイトをしようと思い警備会社に電話をしたら診断書の提出を求められました。この場合、半年前の内容のものでも大丈夫でしょうか。

閲覧数:
1,015
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kaz********さん

2011/12/1700:00:56

会社によります。基本的には入ってから会社の
費用で受診すると思いますが。
警備業法でアルコール、精神疾患のある人はダメです。

あと禁固以上の刑もNGです。

第3条 次の各号のいずれかに該当する者は、警備業を営んではならない。
1.成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者で復権を得ないもの
2.禁錮以上の刑に処せられ、又はこの法律の規定に違反して罰金の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなつた日から起算して5年を経過しない者
3.最近5年間に、この法律の規定、この法律に基づく命令の規定若しくは処分に違反し、又は警備業務に関し他の法令の規定に違反する重大な不正行為で国家公安委員会規則で定めるものをした者
4.集団的に、又は常習的に暴力的不法行為その他の罪に当たる違法な行為で国家公安委員会規則で定めるものを行うおそれがあると認めるに足りる相当な理由がある者
5.暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第12条若しくは第12条の6の規定による命令又は同法第12条の4第2項の規定による指示を受けた者であつて、当該命令又は指示を受けた日から起算して3年を経過しないもの
6.アルコール、麻薬、大麻、あへん又は覚せい剤の中毒者
7.心身の障害により警備業務を適正に行うことができない者として国家公安委員会規則で定めるもの
8.営業に関し成年と同一の行為能力を有しない未成年者。ただし、その者が警備業者の相続人であつて、その法定代理人が前各号のいずれにも該当しない場合を除くものとする。
9.営業所ごと及び当該営業所において取り扱う警備業務の区分(前条第1項各号の警備業務の区分をいう。以下同じ。)ごとに第22条第1項の警備員指導教育責任者を選任すると認められないことについて相当な理由がある者
10.法人でその役員(業務を執行する社員、取締役、執行役又はこれらに準ずる者をいい、相談役、顧問その他いかなる名称を有する者であるかを問わず、法人に対し業務を執行する社員、取締役、執行役又はこれらに準ずる者と同等以上の支配力を有するものと認められる者を含む。)のうちに第1号から第7号までのいずれかに該当する者があるもの
11.第4号に該当する者が出資、融資、取引その他の関係を通じてその事業活動に支配的な影響力を有する者

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

nic********さん

2011/12/1700:04:56

他の回答者さんが警備業法の抜粋をコピペされているようですが、健康診断の件は直近の少なくても1ヶ月以内の物ですよ。その他の警備に携わる者としての要件は他の回答者さんの書かれている通りです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる