ここから本文です

突然の回答リクエスト申し上げ御座いません。 生命保険ご提案設計書の評価をお...

bur********さん

2011/12/3016:09:02

突然の回答リクエスト申し上げ御座いません。

生命保険ご提案設計書の評価をお願い致します。
年齢23歳 男性
ご提案内容
積立利率変動型終身保険 保険期間:終身
支込期間:60歳
給付金:200万円

家族収入特約[定額型]
保険期間:60歳
払込期間:60歳
給付金:年金月額:10万円
リビング・ニーズ特約
ナーシンク・ニーズ特約
保険料収入免除特約

総合医療保険[120日型]
保険期間:終身
払込期間:60歳
給付金:日額5千円

先進医療特約
保険期間:05年
支込期間:05年

生前給付保険[終身型]
保険期間:終身
支込期間:60歳
給付金200万円

総合合計:13,217円

家族構成:
妻:20歳
子:0歳

宜しくお願い致します。

この質問は、jap********さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
114
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jap********さん

リクエストマッチ

2011/12/3022:49:06

提案されている設計書の評価と言うと回答に困るのですがまず
あなたにもしもの場合残される配偶者とお子さんがどうなるかを具体的に
考えましょう。最後の医療費、無ければ墓標代、葬儀費用などを預貯金、
香典などで支払い、その後遺族年金、余れば預貯金、そして保険金で
生活費、教育費に充当することになります。例えば遺族年金は概ね
サラリーマンの場合毎月15万前後となり年間180万円、家族収入保険年間
120万円と保険金200万で今の生活を維持できるかどうかなのです。
もしも私があなたの場合勝手な空想の生活を考えると葬儀費用などを
預貯金から工面し医療保険はそのままに家族収入保険25年(お子さんが
成人する、あとからお子さんが誕生した場合に備えて)年金月額25万円
に加入します。利率変動や生前給付等の保険は収入が安定してから
加入しても良いでしょうし、その時点で保険に加入できない場合には
家族収入保険の変換権を利用して終身保険に変換(転換ではありません)
します。つまり生命保険は最悪の状態であっても残された家族が今の
生活水準を維持できることが最大の目的でありメリットなのです。また
あなたの給与からお小遣いを節約して、痛い思いをして死亡するという
あなたに取って何ら良い部分がないのですが人は死から逃れられない
場合自分はさておき残された家族、特にお子さんが自分の死後不憫に
ならないようにと想いを込めた商品なのです。こんな回答で良いでしょうか
?不明な部分は再度質問してください。

質問した人からのコメント

2011/12/31 14:41:10

お忙しい中ご回答ありがとうございました。
とても参考になりました。この機会に保険の見直しを考えます。
ほんまにありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる